「土壌水」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 運動方程式 ==
土壌水帯で[[ダルシーの法則]]を適用可能とする場合、土壌水の[[運動方程式]]として以下の[[リチャーズ]]が成立する{{Sfn|杉田・田中|2009|p=147}}。
:<math>\frac{\partial \theta}{\partial t} = \frac{\partial}{\partial x}\Big[k (\psi_w) \frac{\partial h}{\partial x}\Big] + \frac{\partial}{\partial y}\Big[k (\psi_w) \frac{\partial h}{\partial y}\Big] + \frac{\partial}{\partial z}\Big[k (\psi_w) \frac{\partial h}{\partial z}\Big]</math>
ただし、<math>x</math>, <math>y</math>, <math>z</math>は土壌水帯内部での固定直交座標、<math>t</math>は時間である{{Sfn|杉田・田中|2009|p=147}}。