「シッド・ビシャス」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
タグ: メディア追加 メディア除去
 
 
== 来歴 ==
[[日系アメリカ人|日系]]レスラーの[[トージョー・ヤマモト]]のコーチを受け、[[1987年]]にデビュー。[[アイスホッケー]]のマスクを付けた[[覆面レスラー]]、'''ロード・ヒューマンガス'''('''Lord Humongous''')<ref>映画『[[マッドマックス2]]』に登場する同名キャラクターにインスパイアされた[[ギミック (プロレス)|ギミック]]で、[[1980年代]]当時のアメリカ・マット界には同じリングネームおよびギミックのレスラーが[[アメリカ合衆国南部|南部エリア]]を中心に複数存在した[http://www.onlineworldofwrestling.com/profiles/lprofile/lord-humongous.html (Online World of Wrestling)]。</ref>の名で[[アラバマ州|アラバマ]]地区で活動する。その後、素顔に戻り[[テネシー州|テネシー]]の[[コンチネンタル・レスリング・アソシエーション|CWA]]マットで'''シッド・ビシャス'''と改名。[[1989年]]2月には'''ビシャス・ウォリアー'''のリングネームで[[新日本プロレス]]に初来日、[[両国国技館]]で[[藤波辰爾|藤波辰巳]]の[[IWGPヘビー級王座]]に挑戦した。
 
帰国後、シッド・ビシャス名義で[[WCW]]に移籍し、[[ダニー・スパイビー]]との巨人タッグ、'''スカイ・スクレイパーズ'''を結成([[マネージャー (プロレス)|マネージャー]]は[[セオドア・ロング|テディ・ロング]])。シッドは怪我により休養を余儀なくされるが、スパイビーは[[ジ・アンダーテイカー|マーク・キャラス]]を新パートナーに同タッグを継続した。復帰後には[[フォー・ホースメン]]のメンバーとなり、トップ戦線で活躍。
== 外部リンク ==
* [http://us.wwe.com/superstars/wwealumni/sid/ WWE Alumni]
* [http://www.onlineworldofwrestling.com/profiles/sprofile/sid-vicious.html Profile at Online World of Wrestling]
 
{{WWE世界ヘビー級王座}}