「イズヴェスティア」の版間の差分

プロフィールの整備、本文の修正。一週後に出典の明記タグ除去予定
(スポイトー (会話) による ID:73986196 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
(プロフィールの整備、本文の修正。一週後に出典の明記タグ除去予定)
{{競走馬
|名 = イズヴェスティア
|英 = {{lang|en|Izvestia}}<ref name="eqi"/><ref name="jbis"/>
|画 = no
|性 = [[牡馬|牡]]
|性 = [[牡馬|牡]]<ref name="eqi"/><ref name="jbis"/>
|色 = [[芦毛]]
|色 = [[芦毛]]<ref name="eqi"/><ref name="jbis"/>
|種 = [[サラブレッド]]<ref name="eqi"/>
|生 = [[1987年]][[5月5日]]<ref name="eqi"/>
|死 = {{死亡年月日と没馬齢|p=0|1987|5|5|1991|10|20}}
|父 = [[アイスカペイド|Icecapade]]<ref name="eqi"/><ref name="jbis"/>
|母 = Shy Spirit<ref name="eqi"/><ref name="jbis"/>
|母父 = [[パーソナリティ (競走馬)|パーソナリティ]]<ref name="eqi"/><ref name="jbis"/>
|産 = [[キングヘイヴンファーム]]<ref name="eqi"/>
|国 = {{CAN}}([[オンタリオ州]])<ref name="eqi"/><ref name="jbis"/>
|主 = キングヘイヴンファーム<ref name="eqi"/>
|調 = ロジャー・アトフィールド(カナダ)<ref name="eqi"/>
|績 = 21戦11勝<ref name="eqi"/><ref name="jbis"/>
|金 = 270万2527[[アメリカ合衆国ドル|ドル]]<br />アメリカドル換算)<ref name="eqi"/>
|冠 = [[カナダ競馬名誉の殿堂|カナダ競馬殿堂]](1999年選出)<ref name="CHRHF"/><br>[[ソヴリン賞]]<br>年度代表馬・最優秀芝馬・最優秀3歳牡馬(1990年)<ref name="eqi"/>
:'''カナダ三冠'''(|鞍 = [[クイーンズプレート]](1990年)<br>[[プリンスオブウェールズステークス (カナダ)|プリンスオブウェールズステークス]](1990年)<br>[[ブリーダーズステークス]](1990年<br>G2:カナディアンクラブターフハンデキャップ(1991年)<br>G2:[[ウッドバインマイル|モルソンエクスポートミリオン]](G2)、(1990年)<br>G3:エクリプスハンデキャップ(1991年)<br>G3:フォアランナーステークス(G3)、トランシルヴァニアステークス、プレートトライアルステークス(1990年)
}}
'''イズヴェスティア''' (''{{lang|en|Izvestia}}'')<ref name="jbis">{{Cite web|url= https://www.jbis.or.jp/horse/0000340494/ |title= Izvestia(CAN) |work=JBISサーチ |publisher=公益社団法人日本軽種馬協会|accessdate=2020-06-22}}</ref>とは[[カナダ]]で生産された[[競走馬]]である主な勝ち鞍に[[1990年]]に[[三冠 (競馬)#カナダ三冠|カナダ三冠]]競走をすべて制し([[クイーンズプレート]][[プリンスオブウェールズステークス (カナダ)|プリンスオブウェールズステークス]]、[[ブリーダーズステークス]])など。1990年の[[ソヴリン賞]]年度代表馬などを受賞し・最優秀芝馬・最優秀3歳牡馬に選出されたが、翌年の競走レース中の事故により死亡他界した。[[1999年]]に[[カナダ競馬名誉の殿堂|カナダ競馬の殿堂]]入りを果に選出されした。馬名の由来は[[ソビエト連邦]]の新聞[[イズベスチヤ]]である
 
== 経歴 ==
*特記事項なき場合、本節の出典はEQIBASE<ref name="eqi">{{Cite web|url= https://www.equibase.com/profiles/Results.cfm?type=Horse&refno=1147913&registry=T&rbt=TB |title= Izvestia (ON) |work= EQUIBASE Horse Profile |publisher=Equibase Company LLC.|accessdate=2020-06-22}}</ref>
父はカナダの名[[種牡馬]]として知られる[[アイスカペイド]]で、近親に[[ベルモントステークス]]を制した[[タッチゴールド]]、いとこに1989年のカナダ三冠馬となった[[ウィズアプルーヴァル]]がいる。
 
[[1989年]]9月24日、[[ウッドバイン競馬場]]でのメイドン競走でデビューし、1着。次戦のコロネーションフューチュリティは6着に終わって、2歳時は2戦して1勝にとどまる。3歳となった[[1990年]]、初戦のアローワンス競走を2着としたのち[[キーンランド競馬場]]に向かい、トランシルヴァニアステークス1着を経て出走のG3競走{{仮リンク|フォアランナーステークス|en|Forerunner Stakes}}を勝って重賞初制覇。カナダに戻って2戦し2勝ののち[[三冠 (競馬)#カナダ三冠|カナダ三冠]]路線を戦い、[[クイーンズプレート]]、[[プリンスオブウェールズステークス (カナダ)|プリンスオブウェールズステークス]]および[[ブリーダーズステークス]]を制して三冠を達成。9月の[[モルソンエクスポートミリオン]]も勝って8連勝を記録。[[ベルモントパーク競馬場]]に遠征するも[[ジョッキークラブゴールドカップステークス]]3着、[[ブリーダーズカップ・クラシック]]も6着に終わったが、3歳時は11戦してカナダ三冠を含む8勝を挙げ、ソヴリン賞には年度代表馬・最優秀3歳牡馬・最優秀芝馬の3部門で選ばれた。
イズヴェスティアを預かった[[調教師]]は、前年にウィズアプルーヴァルで三冠を制覇したロジャー・アトフィールドであった。イズヴェスティアはロジャーの元で1989年にデビュー、2歳の頃はこれといった成績を残さなかった。しかし、翌3歳になって[[キーンランド競馬場]]のフォアランナーステークスとトランシルヴァニアステークスで勝ちを収めると、ロジャーはこの馬が三冠を再び狙える馬であると確信、同年のカナダクラシック競走へと出走させていった。
 
[[1991年]]は3月[[ガルフストリームパーク競馬場]]のG2競走カナディアンクラブターフハンデキャップから始動してこれに勝利し、5月ウッドバイン競馬場のG3競走{{仮リンク|エクリプスステークス (カナダ)|en|Eclipse Stakes (Canada)|label=エクリプスハンデキャップ}}も勝って重賞連勝とするが、その後は勝てない競馬が続き、その状態のまま10月20日の[[カナディアンインターナショナルステークス|ロスマンズインターナショナルステークス]]に出走してレース中に骨折し、死亡した<ref name="CHRHF"/>。
調教師の期待通り、イズヴェスティアは[[クイーンズプレート]]・[[プリンスオブウェールズステークス (カナダ)|プリンスオブウェールズステークス]]・[[ブリーダーズステークス]]を見事に制し、史上4頭目のカナダ三冠馬となった。この他にも[[ウッドバインマイル|モルソンエクスポートミリオン]]などの国内の競走で勝ちを挙げているが、シーズンの後半に挑んだ[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[ジョッキークラブゴールドカップ]]では3着、その年最後に挑戦した[[ブリーダーズカップ・クラシック]]では6着に終わるなど、アメリカの大競走を制することはできなかった。同年、イズヴェスティアは[[ソヴリン賞]]年度代表馬・ソヴリン賞最優秀3歳牡馬・ソヴリン賞最優秀芝牡馬に選ばれた。
 
翌年の1991年、イズヴェスティアはカナディアンターフハンデキャップやエクリプスハンデキャップなどの競走で勝ちを挙げていた。しかし、[[10月20日]]に出走したロスマンズインターナショナルステークス(現・[[カナディアンインターナショナルステークス]])において左後肢を骨折し、[[予後不良 (競馬)|予後不良]]となり、その翌日に死亡が報じられた。
 
1999年、[[カナダ競馬名誉の殿堂]]は同馬の功績を称え、殿堂馬の一頭として加えている。
 
== 評価 ==
=== 主な勝鞍 ===
;1989年(2歳)
 
;1990年(3歳)
:'''カナダ三冠'''([[クイーンズプレート]]・[[プリンスオブウェールズステークス (カナダ)|プリンスオブウェールズステークス]]・[[ブリーダーズステークス]])、[[ウッドバインマイル|モルソンエクスポートミリオン]](G2)、フォアランナーステークス(G3)、トランシルヴァニアステークス、プレートトライアルステークス
 
;1991年(4歳)
:カナディアンターフハンデキャップ(G2)、エクリプスハンデキャップ(G3)
 
=== ソヴリン賞 ===
* 1990年 - 年度代表馬、最優秀3歳牡馬、最優秀芝牡馬
 
=== 表彰 ===
* 1999年 - カナダ競馬名誉の殿堂に殿堂馬として選定される。
* ウッドバイン競馬場において、イズヴェスティアの名を冠した「イズヴェスティアステークス」が創設されている。
 
没後の1999年に、[[カナダ競馬名誉の殿堂]]の殿堂馬として選出された<ref name="CHRHF">{{Cite web|url= https://www.canadianhorseracinghalloffame.com/1999/12/14/izvestia/ |title= Izvestia |work=|publisher=Canadian Horse Racing Hall of Fame|date=|accessdate=2020-06-22}}</ref>。
{{-}}
== 血統表 ==
{{競走馬血統表
|FN = [[2号族|2-n]]
|ref3 = <ref name="JBIS_pedigree" />
|inbr = [[ニアークティック|Nearctic]] 2×4=31.25%、 [[ネイティヴダンサー|Native Dancer]]3×5 3× 5 = 15.62%
|ref4 = <ref name="JBIS_pedigree" />
|f = [[アイスカペイド|Icecapade]]<br />1969 芦毛
 
{{先代次代|[[クイーンズプレート|クイーンズプレート勝ち馬]]|1990年|[[ウィズアプルーヴァル]]|[[ダンススマートリー]]}}
{{Keiba-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:いすうえすていあ}}