「ジョヴァンニ・バッティスタ・ベルツォーニ」の版間の差分

編集の要約なし
({{出典の明記}})
編集の要約なし
{{出典の明記|date=2019年2月24日 (日) 14:17 (UTC)|ソートキー=人1823年没}}
[[ファイル:Belzoni1.jpg|250px|thumb|ジョヴァンニ・バッティスタ・ベルツォーニ]]
'''ジョヴァンニ・バッティスタ・ベルツォーニ '''(Giovanni Battista Belzoni, [[1778年]][[11月15日]] - [[1823年]][[12月3日]])は、[[イタリア]]の探検家。2mを超す巨漢で、もともとは怪力自慢で人間ピラミッドという芸を持ちサーカスなどで活躍した大道芸人であり、機械工学の専門家でもあった。アフリカ探検で知られ、1817年に[[アブ・シンベル神殿]]の出入り口を発掘した。その後、カフラー王のピラミッドやセティ一世の墓を発掘している
 
== 概要 ==
2mを超す巨漢で、もともとは怪力自慢で人間ピラミッドという芸を持ちサーカスなどで活躍した大道芸人であり、機械工学の専門家でもあった。アフリカ探検で知られ、1817年に[[アブ・シンベル神殿]]の出入り口を発掘した。その後、カフラー王のピラミッドやセティ一世の墓を発掘している。[[大英博物館]]に収蔵されている[[ラムセス2世]]の像[[en|Younger Memnon]]を発見した<ref name=discovery>{{Cite web|url=https://www.discoverychannel.jp/0000037586/|title=床屋の息子がスパイに、そして考古学者に転身!「インディアナ・ジョーンズ」のモデルとは|date=2018-10-22|accessdate=2020-06-23}}</ref>。
 
[[インディアナ・ジョーンズ]]のモデルになったとする説もある。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}