「スーパードンキーコング」の版間の差分

→‎概要: ウンチーコングって知ってるー?
(→‎概要: ウンチーコングって知ってるー?)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
英語版では【KONGO JUNGLE】。最初のレベルのため難易度は低く、ジャングル内部なので全体を木々が取り囲んでいるのだが、洞窟や海といった多彩な地形や、タル大砲で空中を渡るコースなどトリッキーなステージも用意されている。
なお、『[[ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ]]』、『[[大乱闘スマッシュブラザーズDX]]』、『[[大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U]]』では、対戦ステージとして登場する。
; 1-1「バナジャングル」【Jungle Hijinxs】(ジャングル)
: 最初のステージ。スタート地点にはドンキーの家もある。ただクリアするだけなら簡単だが、ライフアップバルーンが大量に隠されており、それらを全て回収する場合はほとんどのアクションを使いこなす必要がある。なお、ラストボスであるキングクルールを倒しているとスタート地点の倉庫の内容が変わる。昼間のジャングルだが、ゴール付近に差し掛かると夜になる。
; 1-2「ロープジャングル」【Ropey Rampage】(ジャングル)
: 主にロープを使って進むことになる。ステージの大部分は雨が降っていて、さらに夜間なので視界が悪い。バナナジャングルとは逆に、ゴール付近で夜が明けて天候が回復する。
; 1-3「クレムリコくさいどうくつ」【Reptile Rumble】(洞窟)
: クリッター、スリッパー、ジンガーが住み着いており、タイヤが大量に設置されている。
; 1-4「サンゴの海」【Coral Capers】(海)
: 今回の石臼に乗ったノーティは空中で動かずにいるが、コングたちが下を通ると追いかけてくる。
; 3-5(GBA版 3-4)「うらぎりマンキーコングのもり」【Orang-Utan Gang】(ジャングル)
: ジャングルではあるが、木々の間を張ったツタが主な足場になるため、寄り道できる足場が少なく、そんな中をスーパーマンキーコング達が行く手を塞ぐ。ボーナスステージがゲーム中最多の5つある。
; 3-6(GBA版 3-5)「クランボーの海」【Clam City】(海)
: 水中ステージの中でもクランボーが特に多く、飛び道具である真珠を避けるテクニックが問われる。
: 所々でエレベーターが動いており、これを乗り継いでいく場面がある。
; 5-4(GBA版 5-3)「ヘドロのみずうみ」【Poison Pond】(海)
: [[ヘドロ]]で汚染され緑色に濁っているため視界が悪い水中。スピナー伊達巻が主な障害物となる。
; 5-5(GBA版 5-6)「マインカートコースター2」【Mine Cart Madness】(鉱山※)
: 2-2同様トロッコに乗って進む。今回のトロッコはコングたちだけがジャンプする仕様であり、敵を倒したりトロッコを乗り換える場面もある。
: 5-2同様リフトに乗って進むのだが、燃料制限があり、燃料切れになると落下してしまうため補充しながら進むことになる。途中でリフトが落下し、足場に残された場合は強制的にミスになる。
; 6-2「あばれスピナーのがけ」【Manic Mincers】(洞窟)
: ステージの至る所でスピナー伊達巻が動き回っている。ランビを仲間にできるが、その挙動性能ゆえにスピナー伊達巻との接触ミスを起こしやすく、扱いには注意が必要。
; 6-3「どくガストンネル」【Misty Mine】(廃坑)
: 霧が発生しており視界は悪い(ただしステージ名に反し無害)。ノーティやスリッパーを出すドクロ缶が多く存在する。道中にK・O・N・Gパネルが配置されていないが、あるボーナスステージにまとめて置かれている。
; スリッパー
: [[ヘビ|蛇]]。どんな攻撃でも倒せる。ステージによってはドラム缶から現れたり、上から急降下してきたり、狭い隙間にも入ってくる。
; スーパーマンキーコング
: [[オランウータン]]。昔はコングファミリーだったが、クレムリン軍団に寝返った。倒すまではひたすらタルを投げてくる(タルはコングの直接攻撃では返り討ちに遭う)。また、飛び越えたりした場合はドンキー達の居る方向を向いてからタルを投げてくる。ドンキーなら1回の攻撃で、ディディーならタイミングが良ければ1回・悪くても2回の攻撃で倒せる。この敵のみ、画面を左右に切り替えると時々復活してくることがある。
; [[伊達巻]]
; スピナー
: トゲ付きの[[タイヤ]]。常に回転しており、移動するタイプもある。水中に出現する場合もあり、アニマルフレンド達を全て返り討ちにする上、全ての攻撃が無効。