「鬼滅の刃」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎読者層: 誤字修正)
| ウィキポータル = [[Portal:漫画|漫画]]・[[Portal:アニメ|アニメ]]
}}
『'''鬼滅の刃'''』(きめつのやいば)は、[[吾峠呼世晴]]による[[日本]]の[[漫画]]。またはそれを原作とした[[テレビアニメ]]などの作品。略称は『'''鬼滅'''』<ref>{{Cite web|title=『鬼滅』『アイマス』などのウェブ通話用背景を配布、抽選でソニーのテレビプレゼントも。アニプレックス特別企画|url=http://www.phileweb.com/news/hobby/202005/01/3197.html|website=PHILE WEB|accessdate=2020-05-01|language=ja}}</ref>。『[[週刊少年ジャンプ]]』([[集英社]])にて2016年11号から2020年24号まで連載された<ref name="natalie20200518">{{Cite news|url=https://natalie.mu/comic/news/379353|title=「鬼滅の刃」4年3カ月の連載に幕|newspaper=コミックナタリー|publisher=ナターシャ|date=2020-05-18|accessdate=2020-05-18}}</ref>。[[大正時代]]を舞台に、主人公が家族を殺した「[[鬼]]」と呼ばれる敵や鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚<ref name="natalie20160603" />。
 
シリーズ累計発行部数は単行本21巻の発売時点で8000万部を突破する<ref name=“natalie20200624”>{{Cite web|title=「鬼滅の刃」21巻の初版発行部数は300万部、累計8000万部を突破|url= https://natalie.mu/comic/news/384583|website=コミックナタリー|date=2020-06-24|accessdate=2020-06-24}}</ref>。2019年に[[ユーフォーテーブル|ufotable]]制作によりテレビアニメ化された。
 
== 作風 ==
[[大正|大正時代]]を舞台に、主人公が家族を殺した「鬼」と呼ばれる敵や鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚<ref name="natalie20160603">{{Cite news|newspaper=コミックナタリー|url=https://natalie.mu/comic/news/189551|title=鬼となった妹を救うために少年は旅立つ、純和風剣戟奇譚「鬼滅の刃」1巻|date=2016-06-03|accessdate=2019-04-16}}</ref>。第70回(2013年4月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:[[篠原健太]])で佳作を受賞した投稿読切『過狩り狩り』を前身とする。2019年に[[ユーフォーテーブル|ufotable]]制作によりテレビアニメ化された
 
登場人物の名前は創作のほか、「奇抜に見えるが実在する」姓名が多用されている。敵方である「鬼」については身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多いが、その一方で不死性をコミカルに描くような側面もある。また、主人公の炭治郎を舞台じめ大正時代の日本。[[開国]][[文明開化]]から半世紀近くが経っていて、和の中に洋が混在する人間。都市部は発展しているが、地方部は前時代が色濃く残る。まちもシリアスとコメディ、[[廃刀令]]や科学文明両側面大正現代に夜に潜む鬼などいるわけないなどの理由により、政府不認可なので鬼殺隊は表立った行動に制限がある。浅草、吉原など現実の大正時代の土地も描かれている。
 
連載誌にはミニコーナー「鬼殺隊報」が掲載されている。ジャンプ公認[[ツイキャス]]「[[スクールオブジャンプ]]」では、[[Twitter|ツイッター]]にて質問を受け付け、制作側(主にジャンプ編集担当)が配信に出演して返答するという企画が度々行われている。現在、主要登場人物の年齢や裏エピソードなどが発表され、公式設定となっている。
舞台は大正時代の日本。[[開国]]と[[文明開化]]から半世紀近くが経っていて、和の中に洋が混在する。都市部は発展しているが、地方部は前時代が色濃く残る。また[[廃刀令]]や科学文明の大正現代に夜に潜む鬼などいるわけがないなどの理由により、政府不認可なので、鬼殺隊は表立った行動に制限がある。浅草、吉原など現実の大正時代の土地も描かれる。
 
2019年からジャンプ連載の電子版だけの特典として当該話のカラー版が掲載されている。着色は[[Jネットワークス]]が担当。
連載誌にはミニコーナー「鬼殺隊報」が掲載されている。ジャンプ公認[[ツイキャス]]「[[スクールオブジャンプ]]」では、[[Twitter|ツイッター]]にて質問を受け付け、制作側(主にジャンプ編集担当)が配信に出演して返答するという企画が度々行われている。現在、主要登場人物の年齢や裏エピソードなどが発表され、公式設定となっている。
 
シリーズ累計発行部数は単行本21巻の発売時点で8000万部を突破する<ref name=“natalie20200624”>{{Cite web|title=「鬼滅の刃」21巻の初版発行部数は300万部、累計8000万部を突破|url= https://natalie.mu/comic/news/384583|website=コミックナタリー|date=2020-06-24|accessdate=2020-06-24}}</ref>。2019年に[[ユーフォーテーブル|ufotable]]制作によりテレビアニメ化された
2019年から、ジャンプ連載の電子版だけの特典として当該話のカラー版が掲載されている。着色は[[Jネットワークス]]が担当。
 
== あらすじ ==