「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎ゲーム: 追加しました)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
=== 主人公 ===
設定・シナリオ担当の下村敬治は、月刊誌『[[月刊ニュータイプ|ニュータイプ]]』のコラムで「キラこそが最も主役に相応しかったのではないか」とコメントしている<ref>『機動戦士ガンダムSEED RGB ILLUSTRATIONS “DESTINY”』角川書店、2006年8月。(ISBN 9784048539920){{要ページ番号|date=2017年12月}}</ref>。また、ラクス役の[[田中理恵 (声優)|田中理恵]]は、シンが主人公ながらに憎しみに陥っていく姿が、『[[スター・ウォーズ・シリーズ|スター・ウォーズ]]』のエピソード1~3の主人公である[[アナキン・スカイウォーカー]]([[ダース・ベイダー]])に似ていると評している<ref>『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 公式ガイドブック3 -誓いの宇宙-』角川書店、2005年12月、96頁。(ISBN 978-4048539272)</ref>。一方で、当作品の監督の[[福田己津央]]は「'''一つの物語に三軸の主人公を据えて、三つの視点から描くことに挑戦してみたかった'''」と述べている<ref>『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 公式ガイドブック3 -誓いの宇宙-』角川書店、2005年12月、88頁。(ISBN 978-4048539272)</ref><ref>『機動戦士ガンダムSEED DESTINY パーフェクトフェイズファンブック』学研、2005年12月、74頁。(ISBN 978-4056042849)</ref><ref>「ドキュメント・オブ・ガンダムエース ベストセレクション 2001-2015」『月刊ガンダムエース』2015年8月号、角川書店、特別付録、28頁。</ref>。また、媒体によっては「ガンダムSEED DESTINYの二人の主人公」「もう一人の主人公キラ・ヤマト」など双方を主人公とする表現も用いられる<ref>SIDE-BN 2011年5月号 MGフリーダムガンダム紹介記事(バンダイナムコ)</ref>。
 
=== 制作側の発言 ===