「メチル基」の版間の差分

リダイレクトから記事立て。こんなもんでどうでしょう。
m (Link先変更)
(リダイレクトから記事立て。こんなもんでどうでしょう。)
'''メチル基'''(&mdash;き、methyl group)とは、[[有機化学]]において、CH<sub>3</sub>- と表される[[置換基]]、[[保護基]]のこと。この名称は、[[メタン]] (methane) に由来する。Me と略される。
#REDIRECT [[メタン]]
 
メチル基は、[[電子供与基]]としての性質を示す。このことは、[[超共役]]の考え方で説明される。
 
== メチル化 ==
ある化合物上にメチル基を導入することを'''メチル化'''と呼ぶ。
 
実験室において[[アルコール]]や[[アミン]]をメチル化する場合は、[[ヨードメタン]]、[[硫酸ジメチル]]、[[トリフルオロメタンスルホン酸メチル]] (CF<sub>3</sub>SO<sub>3</sub>CH<sub>3</sub>) などのメチル化剤を、適当な[[塩基]]とともに作用させる。アミンに対しては、[[エシュバイラー・クラーク反応]]など、[[ホルムアルデヒド]]を用いた[[還元アミノ化]]も有効である。
 
同様の手法で、[[フェノール]]性[[ヒドロキシ基]]をメチル化することができる。このメチル基は、[[三臭化ホウ素]] (BBr<sub>3</sub>) や [[トリメチルヨードシラン]] ((CH<sub>3</sub>)<sub>3</sub>SiI) などを作用させれば、元のヒドロキシ基に戻すことができる。そのため、メチル基はフェノール性ヒドロキシ基の[[保護基]]として用いられる。
 
[[カルボン酸]]をメチル化する場合には、[[ジアゾメタン]]あるいは[[トリメチルシリルジアゾメタン]]を用いれば、速やかに収率良くメチルエステルが得られることが多い。[[メタノール]]との[[脱水縮合]]もメチルエステルを与える。
 
[[カルボニル基|カルボニル]]炭素のメチル化など、求核的なメチル化反応を行いたいときは、メチルリチウム (CH<sub>3</sub>Li) 、臭化メチルマグネシウム (CH<sub>3</sub>MgBr) などが用いられる。
 
[[Category:保護基]]
[[Category:炭化水素]]
 
[[da:Methyl]]
[[de:Methylgruppe]]
[[en:Methyl group]]
[[es:Grupo metilo]]
[[fr:Méthyle]]
[[pl:Grupa metylowa]]
[[ru:Метил]]
[[fi:Metyyli]]
[[sv:Metylgrupp]]
[[vi:Nhóm methyl]]
[[zh:甲基]]
24,969

回編集