「ヴラチスラフ2世 (ボヘミア王)」の版間の差分

m
表記、link
m (ヴラチスラフで表記統一、typo)
m (表記、link)
彼は、[[ブジェチスラフ1世]]の息子として生まれた。母親は、[[バーベンベルク家]]の[[ハインリヒ・フォン・シュヴァインフルト]]の娘ユーディット・フォン・シュヴァインフルト。
 
父の死後([[1055年]])にヴラチスラフ2世は[[モラヴィア]]の一部([[オロモウツ]])を統治することになった。しかし、彼は兄の[[スピチフニェフ2世 (ボヘミア公)|スピチフニェフ2世]]との紛争により[[ハンガリー]]へ逃れた。この後、ハンガリーの支援を得て、彼はモラヴィア=オロモウツ公に復帰した。
 
兄と和解し、さらに兄が亡くなった後([[1061年]])、ヴラチスラフ2世は[[プラハ]]でボヘミア公の座に就いた。ヴラチスラフ2世の治世はそのほぼ全期間にわたって弟たちとの争いに明け暮れた。ヴラチスラフは、[[1068年]]に弟の[[ヤロミール (プラハ司教)|ヤロミール]]をプラハ[[司教]]に据えると、直ちに新設([[1063年]])のオロモウツ司教区の地位を向上させ、プラハ司教の地位を低下させた。むろん、ヤロミールにもボヘミア貴族の中に多くの支持者がいた。彼らはヴラチスラフの治世の間中絶え間ない抵抗を続けた。
 
 
{{先代次代|[[ボヘミア君主一覧|ボヘミアの君主]]|1061-1092|[[スチフニェフ2世 (ボヘミア公)|スビチフニェフ2世]]|[[コンラート1世 (ボヘミア公)|コンラート1世]]}}
{{先代次代|[[マイセン辺境伯]]|1076-1089|[[エクベルト2世 (マイセン辺境伯)|エクベルト2世]]|[[ハインリヒ1世 (アイレンブルク伯)|ハインリヒ1世]]}}