「土橋」の版間の差分

m
→‎解説: 補字添え。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (→‎解説: 補字添え。)
 
== 解説 ==
丸太を隙間なく並べて橋面を作った場合、橋面が凹凸になる。そのままでは歩きにくいので、そこに土をかけて踏み固めると、へこんだ部分に土が詰まって平らになる。これが土橋である。江戸時代まで日本の川にかかる橋の圧倒多数は土橋で、かなり長い橋もこの方式で作られた。板を橋面にした[[板橋]]は重要な少数に限られ、[[石橋]]はごく僅少であった。木橋が激減した現代では、一般の道で土橋をみかけることはないが、山の中や自然公園の中には名もない小さな土橋が作られることが多い。また、地名として土橋が日本全国に多数残る(後述)。
 
城に設けられる土橋は橋ではなく堤で、堀をめぐらす中で、出入りのための通路を細い土手として残したものである。城の設計では、堀の通行に木橋を設けるか土橋を設けるかの選択があった。土橋は戦闘中に攻撃側にも防御側にも破壊できない。直接的な攻防があれば土橋は守る側の不利に働くが、木橋では守る側が橋を落として封鎖することも容易で、長短がある。但この様な橋の構造をした時点で敵の進入路を直線的かつ限定的にするので、守る側にとっても長所はある。
373

回編集