「はりはり鍋」の版間の差分

リンク先ページの公開終了に伴い削除
(書誌情報)
(リンク先ページの公開終了に伴い削除)
 
 
[[捕鯨]]が盛んだった時代の日本では、鯨肉は安価で手に入りやすい食材であった<ref name=yomiuri/>。冷凍技術と輸送技術が発達した明治期以降、[[近畿地方]]の庶民ははりはり鍋を楽しんだ<ref>[http://www.asahi.com/kansai/travel/kansaiisan/OSK200811200012.html asahi.com(朝日新聞社):登録番号194 鯨のハリハリ鍋 - 関西] 2008-11-20 [[奥村彪生]](伝承料理研究家)。</ref>。はりはり鍋は庶民の素朴な味覚として好まれていたが、商業捕鯨が中止され、鯨肉が入手困難になってからは高級品となり、[[豚肉]]、もしくは[[鴨肉]]で代用されることが多くなった<ref name=yomiuri/>。[[油揚げ]]を用いてキツネ鍋と称する例もある。
 
[[千葉商科大学]]の准教授・関口雄祐は、はりはり鍋が食べられなくなってしまうのは文化的損失だと述べている<ref>[http://www.cuc.ac.jp/magazine/shoukei/news/2013/201307index.html CUCマガジン:ニュースを読み解く「商経学部に聞いてみよう」 > 最新情報 2013年度 > 「調査捕鯨」ってどうして必要なの?] 2013年7月24日-千葉商科大学</ref>。
 
== 出典 ==
67

回編集