「進撃の巨人」の版間の差分

編集の要約なし
[[巨人 (伝説の生物)|巨人]]と[[人間]]との戦いを描いた[[ダーク・ファンタジー]]。『[[別冊少年マガジン]]』([[講談社]])で[[2009年]][[9月9日]]発売の10月号(創刊号)から連載を開始。『[[週刊少年マガジン]]』(講談社)にも出張読み切りとして特別編が2度掲載されている。
 
本作は作者のデビュー作の読み切り版「進撃の巨人」が原型となっている<ref>{{Cite journal|和書|date=2013年6月号|journal=別冊少年マガジン|page=10|publisher=講談社}}</ref><ref group="注">テレビアニメ版BD&DVD第1巻初回限定盤に「進撃の巨人」0巻として付属された。</ref>。「巨人は宗教科学団体が人類を駆逐するために作り出された兵器」「立体機動装置が登場せず無線機器が利用できる」などの設定が異なるものの、「人類は巨人が進入できない場所での生活を余儀なくされる」「人類の抵抗軍に所属する一人の兵士が巨人に変身する力を得る」という連載版の要素も含まれていた<ref>[https://debut.shonenmagazine.com/comic/2265 進撃の巨人] - マガジンデビュー</ref>。作者は「巨人を最大限に活かすことの出来る世界観を考えた<ref name="HiHo">{{Cite journal|和書|date=2011年6月号|title=今年の夏は節電対策で漫画を読もう!諫山創×[[町山智浩]]|journal=[[映画秘宝]]|pages=58-60|publisher=[[洋泉社]]}}</ref>」「まずは世界観ありきで創り始めた<ref name="GONG" />」「原点は覚えていないが閉鎖空間での極限状態を描きたいと思ったのが始まり<ref name="play-boy2" />」と語っている。持ち込みの頃から担当していた編集者の[[川窪慎太郎]]は「諫山の作風が『別マガ』のコンセプトに合致している」との考えから、コンペに合わせて読み切り版を連載用に作り直すことを提案した<ref name="pafu">{{Cite journal|和書|author=松山郷|date=2011年4月号|title=「進撃の巨人」担当 川窪慎太郎氏インタビュー|journal=[[ぱふ]]|page=28|publisher=[[雑草社]]}}</ref><ref group="注">このコンペ用のネームは『進撃の巨人 OUTSIDE 攻』に掲載されている。</ref>。川窪によると、手探りの中で創刊した雑誌での新連載であったため、当初は指針や読者の傾向などが不明瞭で苦労したが、そのおかげで実験的なことも可能であったという<ref name="pafu" />。
単行本の累計発行部数は2019年12月の時点で全世界1億部を突破している<ref>{{cite web|url=https://mantan-web.jp/article/20191225dog00m200000000c.html|title=進撃の巨人:連載10年でコミックス累計1億部突破|date=2019-12-25|accessdate=2019-12-25}}</ref>。
 
連載開始から読者アンケートが急速に伸び始め<ref>{{Cite web|url=http://betsumaga.weblogs.jp/blog/2009/11/post-59bd.html|title=人気アンケートについて。|accessdate=2013-05-12|date=2009-11-22|work=『別マガ』班員は今日も困っている。|publisher=講談社|archiveurl=http://archive.is/kT9PW|archivedate=2013-07-02}}</ref>、少年マガジン編集部では新人の初単行本が通常初版2万部発行のところを倍の初版4万部発行で発売したという<ref>{{Cite book|和書
|title=[[COMITIA#キーワード|ティアズマガジン]]|date=2011-08-06|pages=60-61|chapter=編集王に訊く 週刊少年マガジン・川窪慎太郎|volume=vol.97}}</ref>。『別マガ』発の単行本の中で重版第1号を果たすこととなった<ref>{{Cite web|url=http://betsumaga.weblogs.jp/blog/2010/03/post-4c0e.html|title=「進撃の巨人」重版一番乗り!|accessdate=2013-05-12|date=2009-11-22|work=『別マガ』班員は今日も困っている。|publisher=講談社|archiveurl=http://archive.is/ffZsl|archivedate=2013-07-02}}</ref>。2010年12月の第3巻発売時には既刊2巻の累計のみで発行部数が100万部を突破した<ref>{{Cite web|url=http://mantan-web.jp/2010/12/08/20101208dog00m200014000c.html|title=進撃の巨人:口コミでコミックス100万部突破 わずか2巻8カ月で大台|accessdate=2013-05-12|date=2010-04-16|work=[[まんたんブロード|MANTANWEB(まんたんウェブ) - 毎日新聞デジタル]]|publisher=[[毎日新聞社]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20110602145653/http://mantan-web.jp/2010/12/08/20101208dog00m200014000c.html|archivedate=2011年6月2日}}</ref>。
 
9巻までの単行本の発行部数は2013年4月初頭(10巻発売時点)で累計1200万部を超えていたが<ref name="busuu">{{Cite journal|和書|date=2013年5月号|journal=別冊少年マガジン|page=表紙|publisher=講談社}}</ref>、アニメが放送されてからはさらに売上が伸び、同年の8月初頭(11巻発売時点)に、10巻までの発行部数が累計2300万部を突破したことが明らかにされた<ref>単行本11巻帯より</ref>。
 
海外でも各国で出版されて人気を得ている。[[韓国]]では、2011年からコミックスが35万部以上の売り上げを記録(2013年8月時点)。アニメも日本と同時期にテレビ放送された。あまりの人気に放送日時が変更されたり、主題歌やオリジナルサウンドトラックまで日本と同時に発売されるなどの異例のブームとなった<ref>{{Cite web|url=http://biz-journal.jp/2013/08/post_2704.html|title=マンガ『進撃の巨人』、韓国で異例の大ブーム&社会現象化のワケと裏側〜日韓同時放送も(1/2)|accessdate=2013-08-17|date=2013-08-16|work=ビジネスジャーナル|publisher=[[サイゾー]]}}</ref>。[[アメリカ]]では、ニューヨークタイムズ(NYタイムズ)のベストセラーコーナーに掲載される週間マンガランキング{{efn2|[[日本の漫画]]のみの集計で[[アメリカン・コミックス]]などは含まない。}}の2013年10月第2週で、本作の1巻が第1位。2位が2巻、4位が7巻、5位が3巻とベスト5のうち本作が4冊を占める結果となった<ref>{{Cite web|url=http://www.animenewsnetwork.com/news/2013-10-29/new-york-times-manga-best-seller-list-october-13-19|title=New York Times Manga Best Seller List, October 13-19|accessdate=2014-04-16|date=2013-10-29|work=[[Anime News Network]]}}</ref>。
 
単行本の累計発行部数は2019年12月の時点で全世界1億部を突破している<ref>{{cite web|url=https://mantan-web.jp/article/20191225dog00m200000000c.html|title=進撃の巨人:連載10年でコミックス累計1億部突破|date=2019-12-25|accessdate=2019-12-25}}</ref>。講談社の漫画で1億部を突破したのは、『[[金田一少年の事件簿]]』シリーズに続いて2作目<ref>{{Cite news | url = https://www.yomiuri.co.jp/culture/20191225-OYT1T50187/ | title = 「進撃の巨人」累計1億部突破、講談社漫画では2作目 | work = [[読売新聞オンライン]] | publisher = 読売新聞 | date = 2019-12-25 | accessdate = 2020-04-26 }}</ref>。
 
== あらすじ ==
: 旧エルディア帝国時代の巨人研究の過程で誕生した一族で王家に仕えていた武家。身体能力に長け、脳のリミッターを任意で解除する事により一般人よりも遥かに優れた戦闘力を発揮し、この能力は遺伝的に受け継がれる。
: 巨人大戦後は存在を危惧したマーレから逃げる形でフリッツ王と共にパラディ島へ移住。後に王家と確執が生まれ迫害されたとあるが、実際には自身の血を呪った一族が145代レイス王の考えに賛同し、隠遁生活を選んだとされる。
 
== 作品の成り立ち ==
=== 連載開始まで ===
本作は作者のデビュー作の読み切り版「進撃の巨人」が原型となっている<ref>{{Cite journal|和書|date=2013年6月号|journal=別冊少年マガジン|page=10|publisher=講談社}}</ref><ref group="注">テレビアニメ版BD&DVD第1巻初回限定盤に「進撃の巨人」0巻として付属された。</ref>。「巨人は宗教科学団体が人類を駆逐するために作り出された兵器」「立体機動装置が登場せず無線機器が利用できる」などの設定が異なるが「人類は巨人が進入できない場所での生活を余儀なくされる」「人類の抵抗軍に所属する一人の兵士が巨人に変身する力を得る」という連載版の要素も含まれていた<ref>[https://debut.shonenmagazine.com/comic/2265 進撃の巨人] - マガジンデビュー</ref>。作者は「巨人を最大限に活かすことの出来る世界観を考えた<ref name="HiHo">{{Cite journal|和書|date=2011年6月号|title=今年の夏は節電対策で漫画を読もう!諫山創×[[町山智浩]]|journal=[[映画秘宝]]|pages=58-60|publisher=[[洋泉社]]}}</ref>」「まずは世界観ありきで創り始めた<ref name="GONG" />」と語っている。持ち込みの頃から担当していた編集者の[[川窪慎太郎]]は「諫山の作風が『別マガ』のコンセプトに合致している」との考えから、コンペに合わせて読み切り版を連載用に作り直すことを提案した<ref name="pafu">{{Cite journal|和書|author=松山郷|date=2011年4月号|title=「進撃の巨人」担当 川窪慎太郎氏インタビュー|journal=[[ぱふ]]|page=28|publisher=[[雑草社]]}}</ref><ref group="注">このコンペ用のネームは『進撃の巨人 OUTSIDE 攻』に掲載されている。</ref>。
 
=== 連載開始後 ===
上記のような経緯で連載版「進撃の巨人」は2009年9月9日発売の『別マガ』創刊号より連載を開始する。少年マガジン編集部では新人の初単行本が通常初版2万部発行のところを倍の初版4万部発行で発売したという<ref>{{Cite book|和書
|title=[[COMITIA#キーワード|ティアズマガジン]]|date=2011-08-06|pages=60-61|chapter=編集王に訊く 週刊少年マガジン・川窪慎太郎|volume=vol.97}}</ref>。『別マガ』発の単行本の中で重版第1号を果たすこととなった<ref>{{Cite web|url=http://betsumaga.weblogs.jp/blog/2010/03/post-4c0e.html|title=「進撃の巨人」重版一番乗り!|accessdate=2013-05-12|date=2009-11-22|work=『別マガ』班員は今日も困っている。|publisher=講談社|archiveurl=http://archive.is/ffZsl|archivedate=2013-07-02}}</ref>。2010年12月の第3巻発売時には既刊2巻の累計のみで発行部数が100万部を突破した<ref>{{Cite web|url=http://mantan-web.jp/2010/12/08/20101208dog00m200014000c.html|title=進撃の巨人:口コミでコミックス100万部突破 わずか2巻8カ月で大台|accessdate=2013-05-12|date=2010-04-16|work=[[まんたんブロード|MANTANWEB(まんたんウェブ) - 毎日新聞デジタル]]|publisher=[[毎日新聞社]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20110602145653/http://mantan-web.jp/2010/12/08/20101208dog00m200014000c.html|archivedate=2011年6月2日}}</ref>。
 
9巻までの単行本の発行部数は2013年4月初頭(10巻発売時点)で累計1200万部を超えていたが<ref name="busuu">{{Cite journal|和書|date=2013年5月号|journal=別冊少年マガジン|page=表紙|publisher=講談社}}</ref>、アニメが放送されてからはさらに売上が伸び、同年の8月初頭(11巻発売時点)に、10巻までの発行部数が累計2300万部を突破したことが明らかにされた<ref>単行本11巻帯より</ref>。
 
海外でも各国で出版されて人気を得ている。[[韓国]]では、2011年からコミックスが35万部以上の売り上げを記録(2013年8月時点)。アニメも日本と同時期にテレビ放送された。あまりの人気に放送日時が変更されたり、主題歌やオリジナルサウンドトラックまで日本と同時に発売されるなどの異例のブームとなった<ref>{{Cite web|url=http://biz-journal.jp/2013/08/post_2704.html|title=マンガ『進撃の巨人』、韓国で異例の大ブーム&社会現象化のワケと裏側〜日韓同時放送も(1/2)|accessdate=2013-08-17|date=2013-08-16|work=ビジネスジャーナル|publisher=[[サイゾー]]}}</ref>。[[アメリカ]]では、ニューヨークタイムズ(NYタイムズ)のベストセラーコーナーに掲載される週間マンガランキング{{efn2|[[日本の漫画]]のみの集計で[[アメリカン・コミックス]]などは含まない。}}の2013年10月第2週で、本作の1巻が第1位。2位が2巻、4位が7巻、5位が3巻とベスト5のうち本作が4冊を占める結果となった<ref>{{Cite web|url=http://www.animenewsnetwork.com/news/2013-10-29/new-york-times-manga-best-seller-list-october-13-19|title=New York Times Manga Best Seller List, October 13-19|accessdate=2014-04-16|date=2013-10-29|work=[[Anime News Network]]}}</ref>。
 
2019年12月に講談社は累計発行部数が全世界1億部を突破したと発表した。講談社の漫画で1億部を突破したのは、『[[金田一少年の事件簿]]』シリーズに続いて2作目<ref>{{Cite news | url = https://www.yomiuri.co.jp/culture/20191225-OYT1T50187/ | title = 「進撃の巨人」累計1億部突破、講談社漫画では2作目 | work = [[読売新聞オンライン]] | publisher = 読売新聞 | date = 2019-12-25 | accessdate = 2020-04-26 }}</ref>。
 
== 制作背景 ==