「貨物船」の版間の差分

編集の要約なし
( 2020年6月28日 (日) 15:45‎の版より、貨物船に限った情報を、適切な場所であるこの記事へ移動。)
== 他 ==
{{出典の明記|section=1|date=2020年6月}}
国際的には貨物船でも12名までなら乗客を運搬しても構わないとされており、1970年代と1980年代には欧米の若者の間で貨物船による安価な海外旅行が流行った時期がある。1950年代、指揮者の[[小澤征爾]]は音楽修業のために[[フランス]]に渡るのに貨物船を利用している。[[旅客機]]の[[エコノミークラス]]が登場したことで低価格かつ高速の移動が可能となり、格安の渡航手段として選択する者が減少し、[[格安航空会社]]の登場で安価な海外旅行というメリットは皆無となった。また以前は貨物会社に空きを問い合わせて港に向かい運賃を支払えば乗り込めたが、現代ではテロや海賊のリスクを考慮して身元の不確かな乗客には警戒し直接募集はしなくなった。ただし長期間の船旅では貴重な話し相手ということもあり禁止はしておらず、専門の[[旅行代理店]]を仲介することで身元確認を代行してもらいテロのリスクを減らしている。(現在では、価格はまちまちで、航路によっては安くもなく、かえって割高で)航路によっては低価格で世界一周することも可能であるが、価格よりも乗員との交流など興味本意の客が訪れるという<ref>[https://gigazine.net/news/20151110-container-ship-tourism/ 世界中を安価で旅行できる「コンテナ船旅行」とは?] - [[GIGAZINE]]</ref>。
 
== 出典 ==
匿名利用者