「ナスダック100指数」の版間の差分

編集の要約なし
 
== ETF・投資信託・先物 ==
ナスダック100指数に連動する[[上場投資信託|ETF]]としては、インベスコQQQトラストシリーズ1(Invesco QQQ Trust, Series 1、{{nasdaq|QQQ}})が有名である。レバレッジ型・インバース型としては、{{NYSE Arca|QLD}}(2倍)、{{nasdaq|TQQQ}}(3倍)、{{NYSE Arca|PSQ}}(-1倍)、{{NYSE Arca|QID}}(-2倍)、{{nasdaq|SQQQ}}(-3倍)がある。QQQは2000年にはアメリカにおいて最も頻繁に取引されたETFであったが、2007年7月にその地位をSPDR S&P 500([[:en:Standard & Poor's Depositary Receipts]]、[[S&P 500]]に連動するETF、{{NYSE Arca|SPY}})に抜かれている。日本では野村アセットマネジメントのNEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信(1545)が[[東京証券取引所]]に上場している<ref>[https://nextfunds.jp/lineup/1545/ NEXT FUNDS NASDAQ-100®連動型上場投信(1545) | NEXT FUNDS]</ref>
 
日本の投資信託としては、大和投資信託のiFreeNEXT NASDAQ100インデックス<ref>[https://www.daiwa-am.co.jp/ifree_series/next/nasdaq100.html iFreeNEXT NASDAQ100インデックス/ 大和アセットマネジメント株式会社]</ref>と、農林中金全共連アセットマネジメントのNZAM・ベータ NASDAQ100<ref>[https://www.ja-asset.co.jp/fund/140847/index NZAM・ベータ NASDAQ100 - 農林中金全共連アセットマネジメント| 詳細]</ref>、レバレッジ型としては大和投資信託のiFreeレバレッジ NASDAQ100(2倍)<ref>[https://www.daiwa-am.co.jp/ifree_series/leverage/nasdaq100.html iFreeレバレッジ NASDAQ100 /大和アセットマネジメント株式会社]</ref>がある。
 
ナスダック100指数の[[先物]]は、[[シカゴ・マーカンタイル取引所]]において取引されている<ref>[https://www.cmegroup.com/trading/equity-index/us-index/e-mini-nasdaq-100_contract_specifications.html E-mini Nasdaq-100 Futures Contract Specs]</ref>。店頭[[差金決済取引|CFD]]として取り扱っている証券会社もある。
 
== 参考資料 ==
* [[ナスダック金融100指数]]
* [[ナスダック100オープン]](かつてナスダックがスポンサーであったテニス大会)
 
== 参照 ==
{{reflist}}
 
== 外部リンク ==