「続・黄金の七人 レインボー作戦」の版間の差分

 
|編集={{仮リンク|ニーノ・バラグリ|it|Nino Baragli}}<br />[[マリア・アナ・ロッカ]]
|製作会社=Atlantica Cinematografica Produzione Films<br />Estela Films<br />Franco London Films
|配給={{flagicon|JPN}} [[東宝東和|東和]]<ref name="kinejun">{{Cite web|url=http://www.kinejunkinenote.jpcom/cinemamain/idpublic/cinema/detail.aspx?cinema_id=13787|title=「作品情報」続黄金の七人  レインボー作戦 - 作品情報・映画レビュー|publisher=[[キネマ旬報映画データベースKINENOTE]]|accessdate=20122020-0306-2730}}</ref><br />{{flagicon|JPN}} [[角川ヘラルド・ピクチャーズ|ヘラルド]]([[リバイバル]])<ref name="allcinema">{{Cite web|url=httphttps://www.allcinema.net/progcinema/show_c.php?num_c=3313|title=映画 続・黄金の七人/レインボー作戦 (1966)について|publisher=[[allcinema]]|accessdate=20122020-0306-2730}}</ref>
|公開={{flagicon|ITA}} [[1966年]][[10月25日]]<br />{{flagicon|JPN}} 1966年[[12月17日]]<ref name="kinejun" /><br />{{flagicon|JPN}} [[1994年]]9月(リバイバル)<ref name="allcinema" />
|上映時間={{flagicon|ITA}} 97分<br />{{flagicon|FRA}} 90分<br />{{flagicon|ESP1945}} 92分<br />{{flagicon|JPN}} 101分<ref name="allcinema" />
|言語=[[イタリア語]]<br />[[ロシア語]]<br />[[英語]]
|製作費=
|配給収入={{flagicon|JPN}} 1億8000万円<ref>『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)241頁</ref> {{flagicon|JPN}}
|前作=[[黄金の七人]]
|次作=[[新・黄金の七人 7×7]]
}}
『'''続・黄金の七人 レインボー作戦'''』(ぞくおうごんのしちにんレインボーさくせん、''{{it|Il grande colpo dei sette uomini d'oro}}'')は1966年の[[イタリアの映画|イタリア]]・[[フランスの映画|フランス]]・[[スペインの映画|スペイン]]合作[[犯罪映画|犯罪]][[コメディ映画]]。監督は{{仮リンク|マルコ・ヴィカリオ|it|Marco Vicario}}、出演は[[フィリップ・ルロワ]]と[[ロッサナ・ポデスタ]]など。『[[黄金の七人]]』([[1965年]])の続編である。
 
==ストーリー==
{{不十分なあらすじ|date=2020-06-30}}
前作『黄金の七人』のラストシーンからストーリーが始まる。教授とジョルジャ、そして6人の男たちは、南米某国の革命派リーダーである「将軍」の誘拐を多額の報酬で請け負う。しかしそこは彼らのこと、誘拐任務の遂行と並行して、莫大な金塊の略奪計画を進めていく。奇想天外な新兵器と手練手管、そして絶妙なチームワークで複雑な二面作戦を進める。
{{節stub}}
 
==キャスト==
 
== 外部リンク ==
* {{Allcinema title|3313|続・黄金の七人/レインボー作戦}}
* {{Kinejun title|13787|続黄金の七人  レインボー作戦}}
* {{Amg movie|132862|Il Grande Colpo Dei Sette Uomini D'Oro}}
* {{IMDb title|0061726|Il grande colpo dei sette uomini d'oro}}