「前田利政」の版間の差分

m
→‎経歴: 句読点補正。
m (本文に合わせた。他の辞書でも確認した。)
m (→‎経歴: 句読点補正。)
さらに、[[文禄]]4年([[1595年]])、[[羽柴氏]]を与えられた<ref>村川前掲書、28頁</ref>。[[慶長]]4年([[1599年]])に父より能登に所領を分与されて大名となった。また、同年に[[大坂城]]の詰番衆となる。
 
利家死後の慶長5年([[1600年]])、[[豊臣政権]][[五奉行]]の[[石田三成]]らが[[毛利輝元]]を擁立して[[五大老]]の[[徳川家康]]に対して挙兵すると、兄・利長と共に東軍に属し関ヶ原に向かう途中、北陸の西軍方の[[大聖寺城]]の[[山口宗永]]を陥れた。しかし、途上で突如、利長たちは金沢へ引き返した(一説には[[敦賀城]]主[[大谷吉継]]側の謀略によるといわれる)。[[金沢城]]へ引き返したあと利長が再出陣するが、利政は動かなかった。その原因は妻子が三成の人質となっていたためともいわれる(『象賢紀略』)また利政は家康に対する反発心から石田三成方に気脈を通じていたとする指摘もある<ref>[[笠谷和比古]]『関ヶ原合戦と大坂の陣』(吉川弘文館、2007年)38-39頁</ref>。[[見瀬和雄]]は利政は妻子の救出を図ろうとしたが、事態が急速に展開し、利長が出陣したために、病気と偽り出陣しなかったのではないかとし、石田方であったとする説を否定している。また、『天寛日記』の一節を引用して、利政が石田方についたと家康に訴え出たのは他ならぬ利長であったと指摘している<ref>見瀬和雄「関ヶ原合戦前後における前田利政の動静」(『金沢学院大学紀要』12号、2014年/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0))</ref>。
 
[[関ヶ原の戦い]]後、西軍が敗れたために利政は能登の所領を没収され、その所領は兄に与えられた。その後は京都の[[嵯峨]]に隠棲し、宗悦と号した。[[本阿弥光悦]]とも親交があったとされる。慶長19年([[1614年]])からの[[大坂の陣]]では、両陣営から誘いを受けたが中立を決め込んだという。戦後、西軍の誘いに乗らなかった利政の行動に家康は気に入り、利政を10万石の大名取り立てる打診をしたが、「自分は[[大野治長]]の指揮下に入りたくなかっただけで、関東方([[徳川氏]])への忠節を尽くす行動ではない」と辞退している。ただし、利政の大名取り立てに実現しなかった背景には母の芳春院の働きかけにも関らず、家康が言を左右にしたという事情<ref>瀬戸薫「江戸の芳春院まつ」(『石川自治と教育』691号、2015年)</ref>や関ヶ原の戦いの時の利政の行動を許せなかった兄・利長が拒否し続けた事情<ref>大西泰正「織豊期前田氏権力の形成と展開」(所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-207-0))</ref>があったとする指摘もある。
372

回編集