「イググ」の版間の差分

プロフィールの整備、競走成績の加筆、本文と血統表の修正。一週後に出典の明記タグ除去予定
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
(プロフィールの整備、競走成績の加筆、本文と血統表の修正。一週後に出典の明記タグ除去予定)
{{競走馬
|名 = イググ
|性 = [[牝馬|牝]]
|色 = [[鹿毛]]
|英 = {{lang|en|Igugu}}
|画 = no
|種 = [[サラブレッド]]
|性 = [[牝馬|牝]]<ref name="rpf"/>
|生 = [[2007年]][[9月16日]]
|色 = [[鹿毛]]<ref name="rpf"/>
|父 = [[ガリレオ (競走馬)|Galileo]]
|種 = [[サラブレッド]]<ref name="rpf"/>
|母 = Zarinia
|生 = [[2007年]][[9月16日]]<ref name="rpf"/>
|父 = [[ガリレオ (競走馬)|Galileo]]<ref name="rpf"/>
|母 = Zarinia<ref name="rpf"/>
|母父 = [[インティカブ|Intikhab]]
|産 = Kia Ora Stud<ref name="rpf"/>
|国 = {{AUS}}<ref name="rpf"/>
|主 = <!--Mr & Mrs A J Macdonald, Messrs R Thorpe<br /> & R B Zeeman & Summerhill Stud Syndicate<br />→-->[[ムハンマド・ビン=ハリーファ・アール=マクトゥーム|Sheikh Mohammed Bin Khalifa Al Maktoum]]<br /> & Mr & Mrs A J Macdonald<br><ref name="rpf"/>
|調 = [[マイケル・デコック|M F De Kock]]([[南アフリカ共和国|南アフリカ]])<ref name="rpf"/>
|績 = 18戦10勝<ref name="rpf"/>
|金 = 660,553[[スターリング・ポンド|ポンド]](換算)<ref name="rpf"/>
|金 =
|medaltemplates =
{{MedalGI|サウスアフリカンフィリーズクラシック|2011年}}
{{MedalGI|ウーラヴィントン2000|2011年}}
{{MedalGI|[[ダーバンジュライ]]|2011年}}
{{MedalGI|[[サンメット|J&Bメトロポリタンステークス]]|2012年}}
{{MedalGII|ハウテンフィリーズギニー|2011年}}
{{MedalGII|サウスアフリカンオークス|2011年}}
{{MedalGII|イピトンベチャレンジ|2011年}}
{{MedalGIII|ジョバーグスプリングフィリーアンドメアチャレンジ|2010年}}
 
}}
'''イググ'''(''({{lang|en|Igugu}}''、[[2007年]][[9月16日]] - ))とは[[オーストラリア]]生産され、[[南アフリカ共和国]]調教された[[競走馬]]である、[[繁殖牝馬]]2010/11年シーズン主な勝ち鞍史上初[[2011年]]の[[三冠 (競馬)|南アフリカ牝馬三冠]]を達成した(ハウテンフィリーズギニー(G2)、サウスアフリカンフィリーズクラシック(G1)、サウスアフリカンオークス(G2))、ウーラヴィントン2000、[[ダーバンジュライ]]など
 
日本語での表記には'''イグーグー'''とするメディアもある<ref name="jbis2013">{{Cite web|url= https://enjoy.jbis.or.jp/world/00_2013_dubai/sp/201303/006393.html |title= 2013 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート イグーグー |work=JBISサーチ |publisher=公益社団法人日本軽種馬協会|accessdate=2020-07-02}}</ref>。
== 概要 ==
[[オーストラリア]]・[[ニューサウスウェールズ州]]のキアオラスタッドで誕生した。母のザリニアは[[アーガー・ハーン4世]]が代々つないできた牝系の出身馬だった。[[2009年]][[3月9日]]の[[メルボルン]]プレミアイヤリングセールで南アフリカのトレーダーによって65,000ドルで落札され、マクドナルド夫妻らの所有馬として走ることになる。
 
== 概要 ==
=== 2010/11年シーズン ===
*特記事項なき場合、本節の出典はRacing Post<ref name="rpf">{{cite web|url = https://www.racingpost.com/profile/horse/789055/igugu/form |title= Igugu(AUS) form|accessdate=2020-07-02|date=|publisher=Racing Post}}</ref>
3歳になったイググは、ヴァール競馬場で未勝利戦、ハンデキャップ戦と2連勝を飾り、ジョバーグスプリングフィリーアンドメアチャレンジでは古馬を相手にせず、後方から末脚を伸ばして重賞ウィナーとなった。続くオープン競走でも後方から脚を伸ばすものの先に抜け出したホーリーウッドボウルヴァードを捉えきれずに2着に敗れ、ケープフィリーズギニーでは先行したエボニーフライヤーに迫るものの交わせずに2着に敗れた。しかし、共に3着馬には4馬身差、5馬身差と力の違いを見せていた。この後、シェイク・ムハンマド・ビン=ハリーファ・アール=マクトゥームの目に留まり、マクドナルド夫妻との共同オーナーという形でトレードが成立した。
 
[[20112010年]]に入ると8月26日それまヴァール競馬場での追い込みや中団差しといったメイドンプレートでデビューし、1着。続くハンデキャップ競走も勝ち、3戦目のG3競走ジョバーグスタプリングフィリーアンドメアチャレンジも勝って3連勝で重賞ウナーは対照的に逃げる競馬を見せるようになる。するとこれ続く2戦は連続で2着に終わった見事にはまり南アフリカ牝馬三冠[[2011年]]初戦第一冠目であるG2競走ハウテンフィリーズギニーを4馬身差で勝利した。第二冠目の制すると、G1競走サウスアフリカンフィリーズクラシックでは終始後続に2馬身程度の差をつける逃げを見せ直線ではさらに突き放して10馬身差で楽勝した。距離が大幅に伸びたG2競走サウスアフリカンオークスでもその逃げ脚は衰えず5馬身差でと3連史上初となる南アフリカ牝馬三冠を達成した<ref name="jbis2013"/><ref name="bh122973"/>続くその後もウーラヴィントン2000でも連勝を飾、シーズン締めくく、南アフリカ競馬祭典である[[ダーバンジュライ]]に駒を進めた。ダーバンジュライでは2番手に控えると直線で脚を伸ばも制、並み居る古馬・牡馬を引き連れ先頭でゴールを切った。ゴール前では鞍上のデルペッチが大きく手を上げるパフォーマンスを見せている。レース後、2010/112011年シーズンの年度代表馬に選出されを終え<ref name="jbis2013"/><ref name="bh122973"/>
=== 2011/12年シーズン〜2013/14年シーズン ===
シーズン緒戦のイピトンベチャレンジを勝利、続くJ&Bメトロポリタンステークスも連勝を飾る。しかし、その後は勝利することなく2013年10月の[[ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス]]8着を最後に現役を引退、繁殖入りした<ref>[http://www.racingpost.com/horses/result_home.sd?race_id=584273&r_date=2013-10-19&popup=yes#results_top_tabs=re_&results_bottom_tabs=ANALYSIS 2013年ブリティッシュチャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス結果]レーシングポスト、2015年8月10日閲覧</ref>。
 
翌シーズンも初戦のG2競走イピトンベチャレンジ、[[2012年]]に入って2戦目の[[サンメット|J&Bメトロポリタンステークス]]と連勝も休養に入って戦列を離れる<ref name="jbis2013"/><ref name="bh122973"/>。休養中は[[イギリス]]と[[モーリシャス]]で調整が行われていた<ref name="bh122973">{{Cite web|url= https://www.bloodhorse.com/horse-racing/articles/122973/igugu-on-target-for-return-in-balanchine |title= Igugu on Target for Return in Balanchine |work=[[ブラッド・ホース|BloodHorse]].com|publisher=Blood-Horse LLC. |date=2013-02-19|accessdate=2020-07-02}}</ref>。約1年後に[[メイダン競馬場]]での[[バランシーンステークス|バランシーン]]で戦列に復帰し、直線半ばまで逃げ粘ったものの粘りきれず[[サッジャー]]の3着に終わり<ref name="jbis2013"/>、「大番狂わせ」と[[ブラッド・ホース]]誌に報道された<ref>{{Cite web|url= https://www.bloodhorse.com/horse-racing/articles/122923/sajjhaa-upsets-igugu-in-record-balanchine-win |title= Sajjhaa Upsets Igugu in Record Balanchine Win |work=[[ブラッド・ホース|BloodHorse]].com|publisher=Blood-Horse LLC. |date=2013-02-21|accessdate=2020-07-02}}</ref>。続く[[ジェベルハッタ]]は3番手を進む競馬をするも伸びずサッジャーの6着<ref name="jbis2013"/>、[[ドバイデューティフリー]]も三度サッジャーの前に屈して5着に終わった。その後はサッジャーとともに[[クイーンエリザベス2世カップ (香港)|クイーンエリザベス2世カップ]]に出走もミリタリーアタックの8着。2013年秋にはイギリスを転戦し、イギリス初戦の[[リステッド競走]]ローズマリーステークスでは2着に入ったものの、続く[[ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス]]は8頭立ての8着。これが最後の競馬となった。
== 繁殖成績 ==
{{-}}
2019年4月1日のニューキャッスル競馬場のオールウェザー戦でダンシリとの間に生まれたエルミスクがデビュー。キーラン・オニール騎手を背に1番人気に応え快勝した。
== 競走成績 ==
以下の内容は、Racing Post<ref name="rpf"/>の情報および記載法に基づく。
 
=== 競走成績 ===
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size: smaller;"
!出走日!!競馬場!!競走名!!格!!頭数!!人気!!着順!!騎手!!斤量([[ストーン (単位)|st.]]/[[ポンド (質量)|lb.]]/kg換算)!!距離!!タイム!!着差!!1着(2着)馬
|-
|[[2010年|2010]].{{0}}8.26||[[ヴァール競馬場|ヴァール]]||未勝利戦メイドンプレート||||12||style="white-space: nowrap;"|2人||style="color: #f00;darkred"|1着|| R. シモンズ||56[[キログラム|kg]]8-11(123/55.5)||芝12006[[メートルハロン (単位)|mf]]||1:11.31||2.75馬身||(Variety)
|-
|{{0|0000.}}{{0}}9.16||ヴァール||ハンデキャップ競走||||14||1人||style="color: #f00;darkred"|1着||R. シモンズ||9-1(127/57.5kg5)||芝1600m1[[マイル|m]]||1:34.68||4.5馬身||(Pacific Destiny)
|-
|{{0|0000.}}10.09||style="white-space: nowrap;"| [[ターフフォンテン競馬場|ターフフォンテン]]||style="white-space: nowrap;"|ジョバーグスプリングF&Mチャレンジ||style="color: #0f0;"|G3||12||1人||style="color: #f00;darkred"|1着||R. シモンズ||8-4(116/52.5kg5)||芝1450m7f||1:28.07||2.75馬身||(Queen Mira)
|-
|{{0|0000.}}11.06||ターフフォンテン||オープン競走||||15||1人|| style="white-spacecolor: nowrap;darkblue"|2着||R. シモンズ||8-10(122/55.5kg5)||芝1400m7f||1:25.63||1馬身||Hollywoodboulevard
|-
|{{0|0000.}}12.04||ケニルワース||ケープフィリーズギニー||style="color: #f00;"|G1||11||2人||2着||style="white-spacecolor: nowrap;darkblue"|2着||[[アンソニー・デルペッチ|A. デルペッチ]]||58kg9-2(128/58)||芝1600m1m||1:40.41||1.25馬身||Ebony Flyer
|-
|[[2011年|2011]].{{0}}2.26||ターフフォンテン||ハウテンフィリーズギニー||style="color: #00f;"|G2||9||1人||style="color: #f00;darkred"|1着||A. デルペッチ||58kg9-2(128/58)||芝1600m1m||1:37.98||4馬身||style="white-space: nowrap;"|(Hollywoodboulevard)
|-
|{{0|0000.}}{{0}}3.26||ターフフォンテン||SAフィリーズクラシック||style="color: #f00;"|G1||8||1人||style="color: #f00;darkred"|1着|| A. デルペッチ||58kg9-2(128/58)||芝1800m1m1f||1:53.40||style="white-space: nowrap;"|10.25馬身||(Las Ramblas)
|-
|{{0|0000.}}{{0}}4.30||ターフフォンテン||SAオークス||style="color: #00f;"|G2||9||1人||style="color: #f00;darkred"|1着|| A. デルペッチ||58kg9-2(128/58)||芝2450m1m4f55[[ヤード|y]]||2:34.18||5.75馬身||(Princess of Light)
|-
|{{0|0000.}}{{0}}6.04||[[グレイヴィル競馬場|グレイヴィル]]||ウーラヴィントン2000||style="color: #f00;"|G1||8||1人||style="color: #f00;darkred"|1着|| A. デルペッチ||58kg9-2(128/58)||芝2000m1m2f||2:02.62||2.75馬身||(Emerald Cove)
|-
|{{0|0000.}}{{0}}7.02||グレイヴィル||[[ダーバンジュライ]]||style="color: #f00;"|G1||19||1人||style="color: #f00;darkred"|1着|| A. デルペッチ||55kg8-9(121/55)||style="white-space: nowrap;"|芝2200m1m3f||2:12.82||1馬身||(Pierre Jourdan)
|-
|{{0|0000.}}12.04||ターフフォンテン||イピトンベチャレンジ||style="color: #00f;"|G2||7||1人||style="color: #f00;darkred"|1着|| A. デルペッチ||60kg9-6(132/60)||芝1600m1m||1:36.32||5.25馬身1/4||(Queen's Bay)
|-
|[[2012年|2012]].{{0}}1.28||ケニルワース||[[サンメット|J&BメトロポリタンS]]||G1||15||style="color: darkred"|1着||A. デルペッチ||9-0(126/57)||芝1m2f||2:03.75||1/2馬身||(Bravura)
|-
|[[2013年|2013]].{{0}}2.21||[[メイダン競馬場|メイダン]]||[[バランシーンステークス|バランシーン]]||G2||7||style="color: darkgreen"|3着||[[クリストフ・スミヨン|C. スミヨン]]||9-0(126/57)||芝1m1f||||4馬身1/4||[[サッジャー|Sajjhaa]]
|-
|{{0|0000.}}{{0}}3.{{0}}9||メイダン||[[ジェベルハッタ]]||G1||10||6着||A. デルペッチ||8-9(121/55)||芝1m1f||||3馬身1/2||Sajjhaa
|-
|{{0|0000.}}{{0}}3.30||メイダン||[[ドバイデューティフリー]]||G1||14||5着||A. デルペッチ||8-9(121/55)||芝1m1f||||2馬身3/4||Sajjhaa
|-
|{{0|0000.}}{{0}}4.28||[[シャティン競馬場|沙田]]||[[クイーンエリザベス2世カップ (香港)|クイーンエリザベス2世カップ]]||G1||14||8着||A. デルペッチ||8-10(122/55.5)||芝1m2f||||5馬身||Military Attack
|-
|{{0|0000.}}{{0}}9.27||[[ニューマーケット競馬場|ニューマーケット]]||ローズマリーS||{{L}}||11||style="color: darkblue"|2着||P. コスグレーヴ||9-0(126/57)||芝1m||||3/4馬身||Zurigha
|-
|{{0|0000.}}10.13||[[アスコット競馬場|アスコット]]||[[ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス|英チャンピオンズ・F&MS]]||G1||8||8着||P. コスグレーヴ||9-0(126/57)||芝1m3f211y||||14馬身1/4||Seal of Approval
|-
|}
 
== 引退後 ==
引退後は[[繁殖牝馬]]となった。
===産駒一覧===
{| class="wikitable" border="1" style="font-size: 90%"
|-
!生年||馬名||性||毛色||父||馬主||管理調教師||戦績||主な勝利競走||供用||出典
|-
|[[2016年]]||El Misk||牡||鹿毛||[[ダンシリ|Dansili]]||Sheikh Mohammed Bin Khalifa Al Maktoum||[[ジョン・ゴスデン|John Gosden]]||8戦3勝||||(現役競走馬)||<ref>{{Cite web|url= https://www.racingpost.com/profile/horse/2128943/el-misk/form |title= El Misk(GB) form|work=|publisher= Racing Post|accessdate=2020-07-02}}</ref>
|-
|[[2012年|2012]].{{0}}1.28||ケニルワース||J&Bメット||style="color: #f00;"|G1||15||1人||style="color: #f00;"|1着|| A.デルペッチ||57kg||芝2000m||2:03.75||0.4馬身||(Bravura)
|}
*2020年7月2日現在
 
==血統表==
{{競走馬血統表
|name = イググ(Igugu)
|inf =([[サドラーズウェルズ系]]/[[ミスタープロスペクター|Mr.Prospector]] 4×5=9.38%、[[ヘイルトゥリーズン|Hail to Reason]] 5×5=6.25%)
|f = [[ガリレオ (競走馬)|Galileo]]<br />1998 鹿毛
|ff = [[サドラーズウェルズ|Sadler's Wells]]<br />1981 鹿毛
|mmmf = [[ブラッシンググルーム|Blushing Groom]]
|mmmm = Zahra [[ファミリーナンバー|F-No.]][[9号族|9-c]]
|ref1 = <ref name="netpe">{{Cite web|url= https://db.netkeiba.com/horse/ped/000a0120c1/ |title= イグーグー Iguguの5代血統表|work=netkeiba|publisher=Net Dreamers Co., Ltd.|accessdate=2020-07-02}}</ref>
|mlin = [[サドラーズウェルズ系]]
|ref2 = <ref name="netpe"/>
|flin =
|FN = [[9号族|9-c]]
|ref3 = <ref name="netpe"/>
|inbr = [[ミスタープロスペクター|Mr.Prospector]] 4 × 5 = 9.38%、[[ヘイルトゥリーズン|Hail to Reason]] 5 × 5 = 6.25%
|ref4 = <ref name="netpe"/>
|}}
*近親に[[ザルカヴァ]]([[三冠 (競馬)#フランス牝馬クラシック三冠|フランス牝馬三冠]]、[[凱旋門賞]])、ザインタ([[ディアヌ賞]])
 
== 脚注 ==
[[プチトエトワール]]、[[ムムタズマハル (競走馬)|ムムタズマハル]]に遡れる牝系の出身で、近親には[[ザルカヴァ]]([[三冠 (競馬)#フランス牝馬クラシック三冠|フランス牝馬三冠]]、[[凱旋門賞]])、ザインタ([[ディアヌ賞]])がいる。
<references />
 
== 参考資料外部リンク ==
* {{競走馬成績|netkeiba=000a0120c1|jbis=|racingpost=789055}}
* {{Cite web
|author =
|url = http://www.pedigreequery.com/igugu
|title = Igugu Horse Pedigree
|work =
|publisher = Thoroughbred Database
|language = 英語
|accessdate = 2011年7月17日
}}
* {{Cite web
|author =
|url = http://horseform.racingandsports.com.au/viewHorse.asp?lan=&id=3ED4E274107B93D55E8D22
|title = Racing and Sports - IGUGU : Horse Details Statistics and Information
|work =
|publisher = Racing and Sports
|language = 英語
|accessdate = 2011年7月17日
}}
 
== 外部リンク ==
* {{競走馬成績|netkeiba=|jbis=|racingpost=789055}}
== 脚注 ==
<references />
{{Keiba-stub}}
{{DEFAULTSORT:いくく}}
[[Category:2007年生 (競走馬)|南いくく]]