「ランブレッタ」の版間の差分

 
== 概要 ==
[[1922年]]、[[ペーシャ]]の[[フェルディナント・イノチェンティ]]が[[ローマ]]に鋼管工場を建設。1931年には約6000人を雇用し、シームレス鋼管を製造する大きな工場を[[ミラノ]]に建設し、事業を移転した。第二次世界大戦中に工場は重爆撃により破壊された。破壊された工場の調査で、イノチェンティは手軽に自分で移動する将来を見るため、低価格で天候にも左右されない誰でも運転できるオートバイとしてスクーターの製造を決めたといわれている。
 
長い年月を経て、1947年にランブレッタを創設。その後、フランスのフェンウィックグループ、ドイツの[[NSU]]、スペインのセルベタ、インドのAPI、台湾の[[裕隆汽車]]、ブラジルのパスコ、コロンビアのアウテコ、アルゼンチンのサイアムブレッタ、チリでライセンス生産を始めている。