「ペレストロイカ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
{{出典の明記|date=2011年11月}}
{{USSR}}
'''ペレストロイカ'''([[ロシア語]]:'''{{Lang|ru|перестройка}}'''、[[ラテン文字]]転写:{{Langlang-*-Latn|enru|Perestroika}})は、[[1980年代]]後半から[[ソビエト連邦]]で進められた政治体制の改革運動。ロシア語で「再構築(再革命)」を意味する(“(「{{読み仮名|{{Lang|ru|пере}}”〔|ペレ}}」は「再び」を意味する[[接頭辞]]「{{読み仮名|{{Lang|ru|стройка}}”〔|ストロイカ}}」は「構築」「建設」を意味する単語)。
 
==概要==
[[ソビエト連邦共産党]]による[[一党独裁制]]が60年以上も続いたことにより、硬直した政府を立て直すため、[[1985年]]に共産党書記長に就任した[[ミハイル・ゴルバチョフ]]が提唱・実践した。あわせて進められた[[グラスノスチ]](情報公開)とともに、ソビエト連邦の政治を民主的な方向に改良していった。
 
[[1987年]]の[[ロシア革命]]70周年記念の[[軍事パレード]]の際、[[ロシア語]]で「民主主義、平和、ペレストロイカ、加速<ref>{{lang|-ru-short|Демократия, Мир, Перестройка, Ускорение}}</ref>」と書かれた大きな立て看板が[[グム百貨店|グム(国営百貨店)]]に立てかけられ、テレビ中継でアナウンサーが読み上げた<ref>[https://www.youtube.com/watch?v=LrKQbbYkY5k&t=17m40s {{lang|en|Soviet October Revolution Parade}}, {{lang|ru|1987 Парад 7 ноября}}]YouTube(17分40秒あたり)</ref>。以降、ソ連国内に広く浸透していった。
 
ゴルバチョフは、[[社会主義]]体制の枠内での改革を志向したが、物資の不足により高まる国民の不満を背景に、社会主義体制そのものの放棄と、連邦制の崩壊につながった。現在では、[[共産圏]]の民主化を進めるとともに[[冷戦]]を終結させた政策として、主に旧ソ連以外の各国で高く評価されている。[[英語圏]]の国では「リストラクチャリング」<ref>{{Lang|en|restructuring}}</ref>や「リコンストラクション」<ref>{{Lang|en|reconstruction}}</ref>と訳され、1980年代後半の[[イギリス]]の[[マーガレット・サッチャー|サッチャー]]政権や[[アメリカ合衆国]]の[[ロナルド・レーガン|レーガン]]政権で行われた行財政改革・[[産業構造]]の転換政策あるいは[[民間企業]]の組織再編成などを指して使われた。これは、[[日本]]で[[1990年代]]後半頃から使用されている「[[リストラ]]」の語源となった単語である。