「火炎瓶」の版間の差分

111.108.182.116 (会話) による ID:78229619 の版を取り消し
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(111.108.182.116 (会話) による ID:78229619 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
[[File:Molotovin cocktail.jpg|thumb|200px|冬戦争で[[フィンランド]]が使用した火炎瓶]]
'''火炎瓶'''(かえんびん、'''火焔瓶'''とも表記)は、[[瓶]](主に[[ガラス]]製)に[[ガソリン]]・[[灯油]]などの可燃性の液体を充填した、簡易な[[焼夷弾]]の一種である。原始的な[[爆弾]]の一種とも言われる。[[冬戦争]]における故事から、「'''モロトフ・カクテル'''(Molotov Cocktail)」とも呼ばれる。中身によって威力・殺傷能力が大きく異なる。
 
元々は冬期の火種として活用されていた。
中身はスピリタス(アルコール度数97%)なので、瓶につめ、投げ割るだけで火がつく。
 
== 概要 ==