「パラッツォ・ファルネーゼ (カプラローラ)」の版間の差分

m
link修正, replaced: 駒沢大学駒澤大学 using AWB
(→‎歴史: -lk)
m (link修正, replaced: 駒沢大学駒澤大学 using AWB)
[[ファイル:Palazzo Farnese (Caprarola).jpg|thumb |300px |正面からは四角の建物に見える]]
'''パラッツォ・ファルネーゼ''' ({{lang-it|Palazzo Farnese}}) は[[イタリア共和国]][[ラツィオ州]]の[[コムーネ]]、[[カプラローラ]]に建つ5角形の平面を持つ[[パラッツォ]]である。[[ルネサンス建築#後期ルネサンス|後期ルネサンス様式]]に分類される<ref>{{cite web |url=http://www.bolsenatour.com/jp/tourism.htm |title=観光 |publisher=ボルセーナツアー |accessdate=2014-02-11}}</ref>。'''ヴィラ・ファルネーゼ'''<ref>{{Citation|和書 |last=大熊 |first=栄 |title=ヤーコポ・ダ・ポントルモとスタイルの実験 |periodical=明治大学教養論集 |publisher=[[明治大学]]教養論集刊行会 |year=1981 |page=87 |url=http://hdl.handle.net/10291/9013 |issn=0389-6005 }}</ref> などとも表記されるが、本項ではパラッツォ・ファルネーゼに統一する。
 
== 歴史 ==
[[フランス]]の外交使節として1580年 - 1581年にイタリアを巡った[[ミシェル・ド・モンテーニュ]]はパラッツォ・ファルネーゼにも立ち寄り、その著作『旅日記<ref name="nikki">{{cite web |author=[[ミシェル・ド・モンテーニュ]] |url=https://fr.wikisource.org/wiki/Journal_du_voyage_de_Montaigne/Partie_4 |title=Journal du voyage de Montaigne |publisher=[[ウィキソース]] |accessdate=2014-02-11}}</ref>』において「イタリアでは名高い」、「これに比べるものを見なかった」として絶賛している<ref>{{Harvnb|長尾|1990|pp=180-181}}</ref>。
 
1746年、[[フランス王国]]の画家[[クロード・ジョセフ・ヴェルネ]]は、スペイン国王[[フェリペ5世 (スペイン王)|フェリペ5世]]の王妃[[エリザベッタ・ファルネーゼ]]のために『[[カプラローラのヴィッラの眺め]]』を描いた<ref>{{Cite journal|和書|journal=[[駒大学]]文化|title=ジョゼフ・ヴェルネの連作「フランスの港」について|volume=|issue=18号|pages=41-43|author=矢野陽子|publisher=|date=1998-03|id=|url=http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/15430/KJ00005100066.pdf}}</ref>。
 
[[ファルネーゼ家]]が1731年に断絶すると[[ブルボン=パルマ家|ブルボン家]]が引き継ぎ、1973年からはイタリア政府が管理している<ref name="pa_n_N" />。21世紀現在では地下に博物館も併設されており、見学が可能な施設となっている<ref name="pa_n_info">{{Harvnb|Palandri|n.d.|loc=Informazioni}}</ref>。
 
[[ファイル:Farnese Vignola.jpg |thumb |300px |平面図。上が正面]]
 
== 立地 ==
パラッツォの先には付属する広い庭園が配置されており<ref name="nao_1990_p181" />、これはパラッツォの5角形のうち、正面側と対する2辺からアプローチされている(右図の下方にある2つの通路。その先が庭園)。さらに先には町を囲む丘陵地帯も控えており[[借景]]のごとき効果をもたらしている<ref name="nao_1990_p183">{{Harvnb|長尾|1990|p=183}}</ref>。
 
[[ファイル:Scalaregia.jpg |thumb |300px |螺旋階段]]
== 建築 ==
先述のモンテーニュによる『旅日記』の記述を借りれば「見た目には真四角」に見えるこの建物であるが、実際には右図のように5角形の平面を持っている<ref name="nao_1990_p181" />。まずメインストリートの突き当たりにある左右に分かれたスロープを上ると本項トップの図の場所に至る。建物の玄関レベルまで到達するためには、これも図で確認できる左右に配された折り返しをもつ階段を長々と登る必要がある<ref name="nao_1990_p183" />。その先の段差と跳ね橋を越えるとようやく玄関にたどり着くというこの「凝ったアプローチ」はかなり珍しいものである<ref name="nao_1990_p183" />。
これら建築の1階部分は家来の間や来賓をもてなすための空間であり、上層は枢機卿のための空間であった<ref name="pa_n_N" />。地下は21世紀現在[[博物館]]になっている<ref name="pa_n_info" />。
 
「バロックの巨匠」と評される{{仮リンク|フィッシャー・フォン・エルラッハ|en|Johann Bernhard Fischer von Erlach}}<ref>{{Citation|和書 |author=[[日本建築学会]] |date=1964 |title=西洋建築史図集 |edition=7 |publisher=[[彰国社]] |page=165}}</ref> が1705年に[[アカデミア・ディ・サン・ルカ]]で行われた設計競技において1位を取った、とある領主館の計画案に対するアウレンハマーの評では、パラッツォ・ファルネーゼを「要塞、及び娯楽の城の両方の特質を結びつけるもっとも壮大な城の実例」とした上でフィッシャーの設計に影響を与えたとした<ref name="nak_2007" />。
 
== 脚注 ==
 
{{Coord|42.328714|12.237063|region:IT_type:landmark|display=title}}
 
{{DEFAULTSORT:はらつつお ふあるねえせ}}
[[Category:イタリアの宮殿]]