「横手健」の版間の差分

m
link修正, replaced: 駒沢大学駒澤大学 using AWB
m (link修正, replaced: 駒沢大学駒澤大学 using AWB)
 
*中学時代は野球部に所属していたが、[[全国都道府県対抗駅伝競走大会|全国都道府県男子校駅伝]]の2区に出場し、区間タイ記録(区間2位)をマークした。
*[[作新学院高等学校]]時代から世代のトップ選手として活躍。高校3年生時には[[平成23年度全国高等学校総合体育大会|全国高校総体
]]5000mで4位入賞。同世代のライバル[[服部勇馬]]([[仙台育英高校]]→[[東洋大学]])・[[久保田和真]]([[九州学院高等学校]]→[[青山学院大学]])を抑え日本人トップの成績を収めた。また[[第66回国民体育大会陸上競技|国民体育大会]]5000mでは優勝を果たした。高校卒業後は[[明治大学体育会競走部|明治大学]]に入学。入学直後の2012年[[日本ジュニア陸上競技選手権大会]]10000mで優勝を果たし、同年の[[世界ジュニア陸上競技選手権大会]]10000m代表に選出され、7位入賞を果たした<ref>[http://www.jaaf.or.jp/taikai/1029/] 第14回世界ジュニア - 公益財団法人日本陸上競技連盟 </ref>。
*2014年、第46回[[全日本大学駅伝]]では5区を走り、区間賞を獲得するとともに[[志方文典]]([[早稲田大学]])の保持していた区間記録を4年ぶりに更新する活躍で、明治大学の準優勝に貢献。この年から創設された同駅伝MVP賞の初代受賞者となった<ref>[http://daigaku-ekiden.com/rekishi/] 歴史 | 秩父宮賜杯 全日本大学駅伝対校選手権大会</ref>。
*2015年、[[第91回東京箱根間往復大学駅伝競走|第91回箱根駅伝]]では強豪ひしめく1区で[[駒大学]]・[[中村匠吾]]、青山学院大学・久保田和真に次ぐ区間3位となった<ref>[http://www.hakone-ekiden.jp/] 箱根駅伝公式Webサイト </ref>。箱根駅伝の約一ヶ月後には[[香川丸亀国際ハーフマラソン]]に出場し、日本人学生歴代4位の高記録を打ち立てた(1時間01分37秒)。
*最終学年時には主将に就任。同学年の[[木村慎]]とともにWエースとして活躍。2015年、6月に開催された第99回[[第99回日本陸上競技選手権大会|日本選手権]]では5000mに出場し、大舞台で自己ベストを更新(13分41秒74)。7位入賞を果たし、学生唯一の入賞者となった。また、翌7月には[[ホクレンディスタンスチャレンジ]]にて10000mに出場し、当時現役学生唯一の10000m27分台に突入した(27分58秒40)。しかし、その後は右足の膝蓋靭帯のケガの影響から、学生三大駅伝のうちの2つである[[出雲駅伝]]・全日本大学駅伝を相次いで欠場した。2016年の[[第92回東京箱根間往復大学駅伝競走|第92回箱根駅伝]]では戦線に復帰し、前回大会と同じく1区を担当。青山学院大学の久保田和真には敗れたものの区間2位の好走を見せ、2区の木村慎にタスキをつないだ。しかし、Wエースの健闘もむなしく明治大学は3区以降順位を落としてしまい最終的に総合14位でゴール。シード権を8年ぶりに失う結果となってしまった<ref>[http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20160103-OHT1T50140.html]【箱根駅伝】明大、選手層に泣き8年ぶりシード陥落:箱根駅伝:スポーツ報知</ref>。
*大学卒業後、[[富士通陸上競技部|富士通]]に入社。
*[[5000メートル競走|5000m]] 公認:13分31秒35(2017年‐第26回金栗記念選抜陸上中長距離熊本大会2017)
*[[10000メートル競走|10000m]] 公認:27分58秒40(2015年‐[[ホクレンディスタンスチャレンジ]])
*[[ハーフマラソン]]公認:1時間01分37秒(2015年‐[[香川丸亀国際ハーフマラソン]]) <ref>[http://www.meiji-kyoso.com/staffandplayer/four/] 選手・スタッフ 明治大学体育会競走部公式ウェブサイト </ref>
 
=== 大学駅伝戦績 ===
{{全日本大学駅伝対校選手権大会MVP}}
{{全日本大学駅伝5区区間賞}}
 
{{DEFAULTSORT:よこて けん}}
[[Category:日本の男子長距離走の選手]]