「林田繁和」の版間の差分

→‎エピソード: 脚注(出典)追加
m (Bot作業依頼: Template:基礎情報 アナウンサーの引数変更 - log)
(→‎エピソード: 脚注(出典)追加)
*1990年代、全国のラジオ局は[[電リク]]を廃止してメール・ファックスリクエストに方針転換したが、電リク番組を担当していた林田アナもこの転換によって「最後の電リクパーソナリティ」になった。
*[[2002年]]には[[村山仁志]]アナと林田アナの企画・出演による「トーキングセッション男子アナ天国」を開催。同年秋にはNBCアナウンサー総出のイベント「アナアナ大作戦」を開催。NBCの名物イベントとなっている。しかしイベントが大きくなるにつれて、林田アナは制作にかかわる時間が確保しづらくなり、村山アナ主導に傾きつつある。[[2004年]]秋に「男子アナ完結篇(仮)」として完結すると言っていたが、結局は2011年まで続いた。
**年代が近い村山アナとは馬が合い、親が転勤族<ref>村山の父親(故人)は元[[海上自衛官]]で、[[佐世保基地 (海上自衛隊)|佐世保]]が最後の任地だったという([https://twitter.com/mitsuiraita/status/1279433407395594241 村山仁志☆作家業ツイート☆(@mitsuiraita)のツイート]より)</ref>で長崎の[[クロスネット局|クロスネット]]時代の記憶が少ない村山アナにとって、生粋の長崎育ちの林田アナは『[[想い出の花束]]』の情報源である。林田アナも『[[科学忍者隊ガッチャマン]]』恒例の“バードミサイル発射許可を巡る健とジョーの口論”をたびたびラジオ内で語っている。
**村山アナとのアニメ談義は、[[2009年]]4月開始の『[[きかせられないラジオ]]』にて聞くことができる(NBCのポッドキャストにて、全編配信中)。
*[[2010年]]には、JNN系列で優秀なアナウンサーに与えられる[[アノンシスト賞]]のテレビフリートーク部門最優秀賞並びに大賞(グランダ・プレミオ)を受賞<ref>[http://www.nbc-nagasaki.co.jp/banshin/2010/h2205.php 長崎放送番組審議会 第508回]</ref>。[[2011年]]にはラジオフリートーク部門最優秀賞(『[[きかせられないラジオ]]』)とテレビフリートーク部門優秀賞(『[[あっぷる]]』)をダブル受賞する。