「賈充」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
父が病死した後、12歳で陽里亭侯を継いだ。当初は[[曹爽]]・[[何晏]]に採り立てられたが、曹爽達の失脚後に一時免職となった。復職後は[[司馬氏]]の腹心として活動した。
 
[[正元 (魏)|正元]]2年([[255年]])、[[カン丘倹|毌丘倹]]・[[文欽]]が反乱を起こした時には参軍として出征し([[寿春三叛#毌丘倹・文欽の乱|毌丘倹・文欽の乱]])、[[司馬師]]が急死した後の軍の指揮を執った。[[甘露 (魏)|甘露]]2年([[257年]])には、[[司馬昭]]の命令で[[諸葛誕]]の様子を窺うために使者として赴き、諸葛誕に叛意があることを司馬昭に報告している。
 
皇帝[[曹髦]]が司馬氏から実権を奪い返すために兵を挙げた際は、この事変の収拾を意図した司馬昭の指示を受け、乱の鎮圧に赴いた。このとき、賈充は部下の[[成済]]に命じて曹髦を殺害させた。[[陳泰]]が、賈充を皇帝殺害の罪で極刑にすべきと司馬昭に訴えたというが、結局は実行犯の成済が罪を被せられ処刑されただけで、賈充は何の罪にも問われなかった。[[景元]]5年([[264年]])、[[蜀漢の滅亡|蜀漢征伐]]の後に[[鍾会]]が反旗独立を謀ると、賈充は司馬昭の命令で討伐指揮してを執り[[関中]]に赴いたが、途中で鍾会の死が伝わってきたため沙汰止みとなった。
 
=== 西晋建国の功臣に ===
晋の時代になると[[司空]]・[[尚書令]]等を歴任し、『[[泰始律令]]』編纂の中心人物になった<ref>司馬炎の詔によると、他に編纂にあたった中心人物は[[鄭沖]]・[[荀顗]]・荀勗・羊祜・[[王業]]、杜友・杜預・裴楷・周雄・郭頎・成公綏・荀煇・柳軌。</ref>。[[律令]]の最初となったこの法典は、[[刑罰]]を軽くし、漢・魏の政令を整理し、[[儒教]]による秩序を重視した。『[[晋書]]』は『泰始律令』が人々の役に立ったと評価している。施政では[[農業]]生産を重視し、権限が重複する官職の統廃合を進めた。司馬炎は賈充の方針を評価した。一方、武官と文官の分離を徹底し、([[刺史]]などの)文官が兵士を持てないようにしようとする進言は容れられなかった。
 
[[泰始 (晋)|泰始]]6年([[270年]])、[[雍州]]・[[涼州]]で異民族の大規模な反乱が起き[[石鑒_(西晋)|石鑒]]が鎮圧に失敗すると、[[任ガイ|任愷]]は司馬炎に対し賈充を鎮圧に赴かせるよう進言した。しかし任愷はかねてから賈充を快く思っておらず、賈充もまた任愷を非難していたので、この進言は賈充を外地に出させるための讒言であったと考えられる<ref>もっとも、『晋書』によると、賈充はこれ以前に、外地で手柄を立てたいと望んだが、認められなかったことはあった。</ref>。賈充は送別の宴で[[荀勗]]と画策した。荀勗は[[恵帝_(晋)|司馬衷]](太子)の妃に賈充の娘<ref>最初に賈午が候補に挙がり、後に姉の賈南風に落ち着いた。</ref>を嫁がせれば、[[洛陽]]を離れる必要はないと助言した。さっそく荀勗が宴に戻り、賈充の娘を司馬衷に嫁がせるよう主張すると、[[荀顗]]と[[楊艶|武元楊皇后]]も賛同した。こうして婚姻が行われることになり、賈充は洛陽に留まることができた。また、[[羊コ|羊祜]]も内密に賈充の赴任反対を奏上しており、司馬炎にそのことを知らされると、賈充は羊祜に対し「貴殿が徳に優れている事を初めて知った」と礼を述べた。
 
両者の確執は、賈充派と任愷派の派閥抗争にも発展した。賈充は任愷を帝との接触が少ない[[尚書]]に転任させ、司馬炎から遠ざける事で両者の離間を謀った。これにより任愷を失脚させる事に成功したという。また賈充は酒席で任愷派の庾純に、親の世話をせずに官職に就いている(儒教のモラルでは問題であり、泰始律令にも規定があったが、庾純は兄弟が辞職して世話をしていたので法的には問題なかった)ことを当てこすったことがあった。庾純は怒り「高貴郷公(曹髦)はどこにいるのか」と、皇帝殺害の責任を匂わせて非難した。庾純はのちに、酒が入った上での発言であったと謝罪し、結局辞職した。ただし、庾純にはそれ以上の処分はされなかった<ref>[[遼東郡|遼東]]太守の孫和([[孫和|孫権の子]]とは別人)や、[[広漢郡|広漢]]太守の鄧良([[トウ芝|鄧芝]]の子)が、母の介護を理由に辞職を願い出たが許されなかった先例も考慮された。</ref>。
 
[[呉 (三国)|呉]]征伐には終始消極的で、羊祜亡き後も[[杜預]]や[[張華]]といった主戦派を批判し続けた。
 
[[咸寧 (晋)|咸寧]]6年([[280年]])の[[呉の滅亡 (三国)|呉征服戦]]においても、終始開戦に反対し続け、司馬炎に窘められた。総指揮官を任されてもそれは変わらず、杜預達が快進撃を続ける中においても、幾度となく撤退を主張する有り様であった。しかし結果的に呉征服が大成功を収めたため、天下は統一された。賈充は開戦に反対し続けていたとはいえ、地位が揺らぐ事はなく、荀勗や馮紞([[李孚]]の孫)らと結託し、娘の賈南風を司馬衷の妻とする事に成功し、任愷や張華などの政敵を次々に排除していった。賈充は派閥を作ることに熱心で、多くの人材を評価したが、評価は個人的な好悪が優先された。杜預などかつての対呉主戦派の者たちは、中央に[[賄賂]]を送るなど保身に汲々とする有り様だったという。
 
魯公に封ぜられたが[[太康 (晋)|太康]]3年(282年)に死去し、諡号を審議した博士の[[秦秀]]は「荒」が相当と上申した。生前の功績や所業の善悪を斟酌して諡号は決定される物で、「荒」は「愉しみを恣にし国家の綱紀を紊乱した」者に与えられる。彼の生涯に鑑みて此の諡号は当然だったが司馬炎は認めず、その意を汲んだ博士・[[段暢]]が建議した「武」に決められた。