「ドースト・ムハンマド・ハーン」の版間の差分

== 生涯 ==
=== 生い立ち ===
[[ドゥッラーニー部族連合]]バーラクザイ部族{{enlink|Barakzai}}出身。部族長{{仮リンク|パーヤンダ・ハーン|ps|سردار پاينده خان}}の数多くいる息子の一人で、母親は[[ペルシャ人]]であったという<ref name="senrei-afghan_ten02s"/>。兄には、部族長となり[[カーブル]]の州知事を務めた[[ムハンマド・アズィーム]](別名{{仮リンク|ファトフ・ハーン|ps|وزير فتح خان}}。1778年 - 1818年)がいる<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)pp.325-326</ref>。バーラクザイ部族は、当時のアフガニスタンの王([[シャー]])を出したサドーザイ部族の分族であり、サドーザイ朝で宰相([[ワズィール]])を出す部族であった<ref name="britanica_barakzai">{{cite web|url=https://kotobank.jp/word/バーラクザーイー朝-116560|title=バーラクザーイー|work=ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典([[コトバンク]]所収)|accessdate=2017-05-27}}</ref>。
 
サドーザイ朝(狭義の[[ドゥッラーニー朝]])は部族的支配の国家であり、王は同輩中の第一人者という位置づけであって、専制的な支配者ではなかった<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.325</ref>。アフガニスタンは王族が国土を[[ペシャーワル]]、[[カシミール]]、[[カンダハール]]、[[カーブル]]の諸州に分割し統治していた<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.325</ref>。1793年に第2代国王{{仮リンク|ティムール・シャー・ドゥッラーニー|en|Timur Shah Durrani|label=ティムール・シャー}}が没すると、3人の息子({{仮リンク|ザマーン・シャー・ドゥッラーニー|en|Zaman Shah Durrani|label=ザマーン・シャー}}、{{仮リンク|マフムード・シャー・ドゥッラーニー|en|Mahmud Shah Durrani|label=マフムード・シャー}}、[[シュジャー・シャー]])によって抗争が繰り広げられた<ref name="senrei-afghan_ten03s">{{cite web|url=http://www.aa.tufs.ac.jp/afghan/tenzihin03s.html|title=作品3■シャー・シュジャー・アル=ムルクの宮殿の内部|work=[http://www.aa.tufs.ac.jp/afghan/ 鮮麗なる阿富汗 一八四八~石版画にみるアフガニスタンの風俗と習慣]|publisher=[[東京外国語大学]]アジア・アフリカ言語文化研究所|date=2007|accessdate=2020-7-4}}</ref>。サドーザイ朝が内乱状態になる中で、バーラクザイ部族は勢力を拡張していった<ref name="britanica_barakzai"/>。