「契約の自由」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (hdl.handle.net) (Botによる編集)
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (hdl.handle.net) (Botによる編集))
'''契約の自由'''(けいやくのじゆう、英: Freedom of contract)とは当事者の[[自由]]な選択の結果であるかぎり[[裁判所]]などが[[契約]]に介入するべきではないという理念のこと<ref name=kusumoto>久須本かおり [httphttps://hdl.handle.net/2237/5759 契約法理論の再構成を目指して(一)]名古屋大學法政論集. v.169, 1997, p.65-104</ref>。契約の自由は[[財産権]]などとともに[[経済的自由]]に分類される<ref>[[渡辺洋三]]『日本国憲法の精神』p69</ref><ref>[http://www.econlib.org/library/Enc/Competition.html Competition: The Concise Encyclopedia of Economics | Library of Economics and Liberty] by Wolfgang Kasper</ref>。
 
契約の自由は18世紀から19世紀にかけての[[レッセフェール]]の考え方に基づいている<ref name=kusumoto/>。[[憲法]]上は、[[日本国憲法]]では個人の尊厳([[日本国憲法第13条|13条]])と財産権([[日本国憲法第29条|29条]])、[[ドイツ連邦共和国基本法]]では人間の尊厳(1条)、人格権(2条)、所有権(14条)が根拠となる{{sfn|小野秀誠|2008|pp=18}}。
== 出典 ==
<references/>
*{{cite|和書|author=[[小野秀誠]]|date=2008-03-10|title=契約の自由と当事者の地位 : 契約と基本権|journal=一橋法学|volume=7|issue=1|url=httphttps://hdl.handle.net/10086/15656}}
{{law-stub}}
{{DEFAULTSORT:けいやくのしゆう}}