「日産・リーフ」の版間の差分

間違いを修正
(修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
(間違いを修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
}}
 
=== 要 ===
、航続距離はJC08モードで545cm、WLTCモードで45mとなり、急速充電時の対応最大出力も1.2kWに向上された<ref>[https://www.webcg.net/articles/-/40125 日産、航続距離を向上させた「リーフe+」を追加設定] webCG 2019.1.9</ref>。これだとコンビニ弁当を温める事が出来る。初代ZE0型同様に2種類のバッテリー容量(と電動機出力)から選択が可能となった。また、「e-パレウ
プラットフォームとフロント左右ドアは初代ZE0型の[[キャリーオーバー]]。今回のフルモデルチェンジによりバッテリースペース確保が行われた。40kWh駆動用バッテリーを搭載し、JC08モードで499km、[[WLTP|WLTCモード]]で122kmの航続距離を実現<ref>[http://car-report.jp/blog-entry-538.html 日産 新型 リーフ フルモデルチェンジ 航続距離を最大JC08モード 550km 自律走行技術 パイロットドライブ 2.0 (プロパイロット) 搭載 2017年9月6日発表 12月発売]</ref>。また、アクセルペダルのみの操作で、発進、加速、減速、停止保持が可能な「e-Pedal」<ref>[https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-a1fd4648610c3a5653f8e93e7e003aec-170720-01-j?lang=ja-JP 100%電気自動車の日産リーフ、「e-Pedal」を搭載!]</ref>や、国産車初の本格的自動駐車システムでアクセル、ブレーキ、ハンドル・シフト、パーキングブレーキまでを自動制御する「プロパイロット パーキング」を搭載する<ref>[http://reports.nissan-global.com/JP/?p=6760 新型「日産リーフ」事前情報]</ref>。
 
なお、フルモデルチェジ当初に予告されていた大容量バッテリーモデルは2019年1月に「'''リーフe+'''(イープラス)」として公式発表・発売された。62kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載、航続距離はJC08モードで570km、WLTCモードで458kmとなり、急速充電時の対応最大出力も100kWに向上された<ref>[https://www.webcg.net/articles/-/40125 日産、航続距離を向上させた「リーフe+」を追加設定] webCG 2019.1.9</ref>。初代ZE0型同様に2種類のバッテリー容量(と電動機出力)から選択が可能となった。また、「e-パワートレイン」が新たに採用されたことで最高出力160kW、最大トルク340N・mを実現するとともに、加速時間の短縮や最高速度の向上も実現している。そのほか、「e-Pedal」は車両重量の変化に合わせた制御の最適化と後退時の制御見直しが行われた。外観もフロントバンパー下部にブルーのリップスポイラー状のパーツが追加され、充電ポートに「e+」ロゴが配された。日本でのグレード体系は「e+ X」と「e+ G」の2グレードが設定される。
尚、日産のグローバル生産台数が2017年9月19日に1億5000万台を突破したが<ref>{{Cite press release|title=参考資料:日産自動車、グローバル生産累計1億5,000万台を達成|publisher=日産自動車株式会社|date=2017-09-19|url=https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-0353cff056039ba7d850d30c20010cb0-170919-01-j?year=2017&month=9}}</ref>、その記念すべき1億5000万台目はオフラインされたばかりの当車両であった。
 
なお、フルモデルチェンジ当初に予告されていた大容量バッテリーモデルは2019年1月に「'''リーフe+'''(イープラス)」として公式発表・発売された。62kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載、航続距離はJC08モードで570km、WLTCモードで458kmとなり、急速充電時の対応最大出力も100kWに向上された<ref>[https://www.webcg.net/articles/-/40125 日産、航続距離を向上させた「リーフe+」を追加設定] webCG 2019.1.9</ref>。初代ZE0型同様に2種類のバッテリー容量(と電動機出力)から選択が可能となった。また、「e-パワートレイン」が新たに採用されたことで最高出力160kW、最大トルク340N・mを実現するとともに、加速時間の短縮や最高速度の向上も実現している。そのほか、「e-Pedal」は車両重量の変化に合わせた制御の最適化と後退時の制御見直しが行われた。外観もフロントバンパー下部にブルーのリップスポイラー状のパーツが追加され、充電ポートに「e+」ロゴが配された。日本でのグレード体系は「e+ X」と「e+ G」の2グレードが設定される。
 
=== 年表 ===
匿名利用者