「植村直己」の版間の差分

m
→‎植村の墓碑: 西暦リンク化
m (→‎植村の墓碑: 西暦リンク化)
 
== 植村の墓碑 ==
* 頼光寺([[兵庫県]][[豊岡市]]) - 植村家の[[菩提寺]]であり、その裏山に植村直己の[[墓碑]]がある。この墓碑は、植村直己の長兄である植村修によって、[[1986年]][[10月]]に建立されたものである{{efn2|墓碑の裏面に、「[[昭和]]61年10月吉日 兄 植村修建之」と刻まれている。なお、[[原文]]は、[[縦書き]]、[[漢数字]]である。}}。墓碑正面の「植村直己之墓」の字は[[西堀栄三郎]]の筆による。裏面に、植村の「乾坤院直心不撓居士」の[[戒名]]と、「[[1984年|昭和59年]][[2月16日]]寂」{{efn2|昭和59年は[[1984年]]。[[原文]]は[[縦書き]]、[[漢数字]]である。}}と[[入寂]]{{efn2|[[仏教用語]]で[[死亡]]の意である。}}の日付が刻まれている。[[エドモンド・ヒラリー|ヒラリー卿]]から贈られた「A BRAVE MAN AND GREAT ADVENTURER」の言葉が刻まれた副碑がある。
* [[乗蓮寺]]([[東京都]][[板橋区]]) - [[境内]]に墓碑がある。この墓碑は、[[1985年]][[6月1日]]、植村の[[一周忌]][[法要]]に併せて建てられたものである<ref>廣江研『我が友 植村直己』立花書院、1986年, p.131-133。</ref>。[[墓碑銘]]の追悼[[詩]]は、[[草野心平]]による。裏面に刻まれた植村の「乾坤院直誉美心不撓居士<ref>廣江研『我が友 植村直己』立花書院、1986年, p.133。</ref>」の戒名の字は、妻・公子の筆による<ref>廣江研『我が友 植村直己』立花書院、1986年, p.133。</ref>。