「平成14年台風第6号」の版間の差分

m
タグ: 2017年版ソースエディター
== 影響 ==
この間、[[梅雨前線]]が[[本州]]上に停滞して活動が活発化したため、[[中部地方]]から[[東北地方]]にかけて大雨が降った<ref name=":0" />。[[岐阜県]]では9日から10日にかけて1時間に90mm以上の激しい雨が降り、期間降水量は岐阜県[[根尾村]]樽見で510mmに達したほか、[[関東地方]]の山沿いの一部でも400mmを超えた。また[[静岡県]][[静岡市]]で318.5mmとなるなど、[[東海]]・関東・[[東北地方]]の平野部でも、一部で期間降水量が200mmを超える大雨となった。また、東京の[[八丈島]]で最大風速27.3m/sなど、[[伊豆諸島]]や関東沿岸などで20m/sを超える暴風を観測。 11日には、北海道[[尻羽岬]]で7.09mの有義波高を観測している<ref name=":0" />。
[[ファイルFile:2002年台風6号による郡山市富久山町の洪水.JPG|thumb|サムネイルright|180x180px250px|大雨により発生した[[洪水]]([[福島県]][[郡山市]])]]
岐阜県の[[長良川]]では、川の水が増水して警戒水位を超え、濁流による堤防の崩落が相次いで発生。[[群馬県]]では[[竜巻]]とみられる[[突風]]や[[土石流]]などが起きた。また[[福島県]]では、[[阿武隈川]]が危険水位を超え浸水被害が発生し、[[宮城県]]でも[[旧北上川]]、[[江合川]]が溢れて浸水の被害が出た。[[岩手県]]では[[北上川]]支川の氾濫などにより、 45の市町村で浸水被害が発生しており<ref name=":1">{{Cite web|url=http://www.bousai.go.jp/kaigirep/houkokusho/hukkousesaku/saigaitaiou/output_html_1/images/dept/cao_fukkou/jirei04.pdf|title=2002年(平成14年) 台風6号洪水|accessdate=2020/04/20|publisher=内閣府防災}}</ref>、被害が大きかった[[東山町]]では10日から11日にかけて大雨が降り、北上川支川の[[砂鉄川]]では3時に警戒水位を超え、5時30分頃から氾濫した。 7時8分には、長坂・松川の両地区で合計900世帯2,100 人に[[避難勧告]]が発令された<ref name=":1" />。 7時30分に、東山町は[[災害対策本部]]を設置して対応した。さらに砂鉄川支川の[[猿沢川]]も、11日8時頃から急激に増水して氾濫。そのため県は、東山町に対し[[災害救助法]]を適用した。砂鉄川が北上川と合流する地点に位置する[[川崎村]]では、7時には災害対策本部を設置し対応に当たった。村内を東西に流れる[[千厩川]]も増水、また北上川も急激に増水し、 同村の諏訪前地点で12日1時に危険水位を大きく上回ったため、浸水被害や土砂災害が各所で起きた。孤立した住民も多く、[[水防団員]]が救助用ボートなどで救出作業を行った<ref name=":1" />。