「ブリギッド」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
ブリードは、[[ダグザ]](Dagda)の娘であり、後世の伝承では、Senchan Torpeist の妻とされた<ref name=odcm />。女神は単独で考えられていたが、また同時に3人の女神(ブレグ(偽り)、メング(狡猾)、メイベル(醜さ))でもあった<ref>『知っておきたい 日本と世界の神々』(松村一男/著、西東社)p.147。</ref>。ブリードの祭日は[[2月1日]]の[[インボルク]]の祭りである。この祭りは、牝牛の[[乳搾り]]に関係しており、この種の祭りとして、アイルランドの四大祭の一つでもあった<ref name="mg" />。
 
ブリードは、しばしば[[ローマ神話]]の[[ミネルウァ]]や[[ウェスタ]]と比較され、また[[ブリテン]]の偉大な女神であるブリガンティア(Brigantia)と関連付けて考えられた。アイルランドには、ブリギッド、ブリジット(Beigid, Brigit)の名を持つ聖女が十五名いるが、神話のなかの女神であったブリードは、またキリスト教の[[聖ブリギッド|聖女ブリギッド]]とも見なされた<ref name="odcm-2">''Oxford Dictionary'', p.216。</ref>。ウェスタと比較されるように、ブリードは処女神であったが、キルデアの聖ブリギッドとしては、豊穣の女神の側面が強調された<ref name="mg" />。
 
<!-- [[ケルト神話]]に登場する[[女神]]。[[ダグザ]](Dagda)の3人の娘はみなブリギッドという名で、それぞれ学問、治療、鍛工の神である。-->
匿名利用者