「菊池雄星」の版間の差分

追加 手直し
編集の要約なし
(追加 手直し)
{{by|2019年}}1月2日にマリナーズと4年契約で正式に契約を結ぶ。契約は3年4300万ドルを基本とし、3年目終了時に選手側と球団側それぞれに契約オプションがある。双方共にオプションを行使しない場合、事実上オプトアウトでの[[フリーエージェント_(プロスポーツ)#メジャーリーグベースボール|FA]]となることができる。契約オプションは選手側が単年1300万ドル、球団側が4年6600万ドル<ref>{{Cite news|url=https://www.mlb.com/news/yusei-kikuchi-agrees-to-deal-with-mariners/c-302277548|title=Mariners sign left-handed pitcher Yusei Kikuchi to four-year contract|publisher=MLB.com|date=2019-01-03|accessdate=2019-01-03}}</ref>。1月4日に入団会見を行った。背番号は「'''18'''」<ref>{{Cite news|url=https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201901040000019.html|title=菊池雄星マリナーズ入団会見「新たな旅」背番18|publisher=日刊スポーツ|date=2019-01-04|accessdate=2019-01-04}}</ref>。
 
3月21日、開幕シリーズとなる[[東京ドーム]]で行われた[[オークランド・アスレチックス|アスレチックス]]戦に先発登板し、メジャーデビューを果たした。日本投手の日本での大リーグ初登板は史上初<ref>{{Cite web|title=菊池がメジャー初登板、勝敗は付かず イチロー無安打(写真=共同)|url=https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40594_R20C19A3000000/|website=日本経済新聞 電子版|accessdate=2019-09-16|language=ja}}</ref>。この試合で[[イチロー]]が現役引退を表明し、菊池は涙を流しながらハグを交わし、謝意を表した<ref>{{Cite web|title=菊池雄星号泣デビュー イチローから「頑張れ」ハグ - MLB : 日刊スポーツ|url=https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201903220000106.html|website=nikkansports.com|accessdate=2019-09-16|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=菊池雄星、イチローへの思いこもる一分間の沈黙 デビュー戦は「勇気を貰いながら投げられた試合」|url=https://www.baseballchannel.jp/mlb/63133/|website=ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)|accessdate=2019-09-16|language=ja}}</ref>。4月20日、対[[ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム|ロサンゼルス・エンゼルス]]戦で6度目の先発登板にて5回10安打4失点でメジャー初勝利を挙げた。先発6度以上で初勝利は[[1995年のメジャーリーグベースボール|1995年]][[野茂英雄]](当時[[ロサンゼルス・ドジャース|ドジャース]])の7試合目に次ぐ難産だった<ref>{{Cite web|title=菊池雄星、6度目先発で初勝利は野茂に次ぐ難産記録 - MLB : 日刊スポーツ|url=https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201904210000594.html|website=nikkansports.com|accessdate=2019-04-21|language=ja}}</ref>。8月18日の対[[トロント・ブルージェイズ]]戦([[ロジャーズ・センター]])で9回2安打無失点(8三振1四球)でメジャー初完封勝利を挙げた<ref>{{Cite web|title=菊池雄星メジャー初完封「やっと貢献できてほっと」 - MLB : 日刊スポーツ|url=https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201908190000120.html|website=nikkansports.com|accessdate=2019-08-19|language=ja}}</ref>。球数はわずか96球で、100球以内の完封は自身初となった<ref>{{Cite web|title=シアトル紙、雄星は「2019年のベストピッチングで返答した」|url=https://www.sanspo.com/baseball/news/20190819/mlb19081918070019-n1.html|website=SANSPO.COM(サンスポ)|date=2019-08-19|accessdate=2019-08-19|language=ja-JP}}</ref>。32試合登板で6勝11敗・防御率5.46、161回2/3を投げて116奪三振という少し物足りない成績でシーズンを終えた。
 
== 選手としての特徴 ==
匿名利用者