「右翼」の版間の差分

→‎概要: NPOVに反する人種差別的技術のようでいったん消した。 「街宣右翼」は在日韓国人や北朝鮮人を攻撃したりもするが、彼らが在日韓国人や北朝鮮人で構成されているというのはとんでもない人種差別的な分析だ。 むしろ大多数は大和民族で構成されている。
(→‎概要: NPOVに反する人種差別的技術のようでいったん消した。 「街宣右翼」は在日韓国人や北朝鮮人を攻撃したりもするが、彼らが在日韓国人や北朝鮮人で構成されているというのはとんでもない人種差別的な分析だ。 むしろ大多数は大和民族で構成されている。)
=== 日本 ===
==== 概要 ====
{{観点|date=2020年1月}}
{{main|右翼団体|街宣右翼|Category:戦前日本の右翼団体}}
[[File:Aikoku Dantai Keiai Wajuku sound truck 20060525.jpg|thumb|300 px|日本の右翼の[[街宣車]]の例(2006年5月)]]
戦前の日本からの保守・右翼は[[日本の降伏|敗戦]]後[[連合国軍占領下の日本|被占領期]]にあって[[連合国軍最高司令官総司令部]](GHQ/SCAP)により[[公職追放]]を受けた。しかし、[[朝鮮戦争]]の発生に伴い日本を“[[反共主義]]と[[封じ込め]]の防壁”化するために政策が転換された、いわゆる[[逆コース]]に伴い、旧軍人や活動家を中心に「右翼」が復活した。
 
現在の日本における右翼のイメージは、旧[[日本軍]]の[[軍歌]]等を大音量で流しながら黒塗りの街宣車で街宣活動を行う、[[暴力団]]系の'''[[街宣右翼]]'''に代表される。これらの暴力団系の右翼団体を「暴力団の隠れ蓑か営利組織であり本来の右翼ではない」という否定的ニュアンスで「右翼標榜暴力団」「似非(えせ)右翼」と呼称する場合もある。日本社会で伝統的に差別されてきている[[在日韓国・朝鮮人|在日朝鮮人]]・[[在日中国人]]・[[部落問題|同和民(被差別部落民)]](差別集落か被差別集落なのかが問題、部落という語自体は同和民とは別物である。)などの出自をもつ人がヤクザのなかに多いと [[ジャパンタイムズ|The Japan Times]] の Eric Johnston は指摘し、このために排外的・差別的傾向のある右翼とヤクザとは相容れない関係にあると述べた<ref>Eric Johnston, [http://www.japantimes.co.jp/news/2007/02/14/reference/from-rackets-to-real-estate-yakuza-multifaceted/ YAKUZA IN JAPAN: From rackets to real estate, yakuza multifaceted] Feb 14, 2007 [[Japan Times]]</ref>。また近年では[[マスメディア]]によって"街宣右翼は[[在日韓国・朝鮮人]]が多く、一般市民に対して、[[日本の国旗|日本国旗]]や[[天皇]]・[[自衛隊]]等へ対する嫌悪感を植えつけるのが目的”という主張も見られるようになった<ref>原田信一、古橋健二「当世右翼の11大問題」 別冊宝島編集部『平成元年の右翼―右翼の未来はあるか?!』p71 [[JICC出版局]]、1989年</ref>。
 
==== 公安警察・公安調査庁による監視 ====