「大砂土村」の版間の差分

追記。
(追記。)
|廃止日=1940年11月3日
|廃止理由=新設合併
|廃止詳細=[[大宮町 (埼玉県)|大宮町]]、[[宮原三橋村 (埼玉県)|宮原三橋村]]、[[日進村]]、[[三橋宮原村 (埼玉県)|三橋宮原村]]、<br />'''大砂土村'''→[[大宮市]]
|現在の自治体=[[さいたま市]]
|自治体名=大砂土村
|人口=4,319
|人口の時点=[[国勢調査]]、[[1940年]]
|隣接自治体=[[北足立郡]]大宮町、[[原市町 (埼玉県)|原市町]]、[[宮原村 (埼玉県)|宮原村]]、<br />[[春岡片柳村]]、[[七里村]]、[[片柳春岡村]]
|木=
|花=
}}
 
'''大砂土村'''(おおさとむら)は[[埼玉県]][[北足立郡]]に1889年から1940年の間存在した[[村]]。現在は([[さいたま市]])[[見沼区]]の大砂土東地区、[[北区 (さいたま市)|北区]]・[[砂土地と呼ばれ]]・[[見沼区]]の各一部に当たる。
 
== 歴史 ==
* [[1871年]](明治4年)[[11月14日 (旧暦)|11月14日(旧暦)]] - 浦和県・[[忍県]]・[[岩槻県]]の3県が合併して埼玉県が誕生。
* [[1879年]](明治12年)[[3月17日]] - 足立郡の区域をもって行政区画としての[[北足立郡]]が発足。郡役所は[[浦和宿]]に設置。
* [[1889年]](明治22年)[[4月1日]] - [[町村制]]施行により、大和田村・砂村・今羽土呂村・西本郷村・今羽村・堀崎村・島村・土呂村の各村が[[日本の市町村の廃置分合|合併]]し、'''大砂土村'''が成立した。大和田村の「'''大'''」、砂村の「'''砂'''」、土呂村の「'''土'''」の3字を合成して、新村名を'''大砂土'''とした。各村は大砂土村の大字となる。町役場は大字[[東大宮|砂]]に設置する<ref name="chimeidic163" />。
* [[1940年]]([[昭和]]15年)[[11月3日]] - 北足立郡[[大宮町 (埼玉県)|大宮町]]・[[宮原村 (埼玉県)|宮原村]]・[[三橋村 (埼玉県)|三橋村]]・[[日進村]]・宮原村・大砂土村が[[日本の市町村の廃置分合#合体(新設合併)と編入(編入合併)|合併]](新設合併)市制施行により'''[[大宮市]]'''となるが発足<ref name="chimeidic1420">[[#chimeiDic|『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 ]]1420頁。</ref>。大砂土村消滅。同村の大字は存続され、大宮市へ継承された。
 
== 地区 ==
大宮市時代は、市内を北足立郡時代の町村毎に数地区に分け、旧町村名で呼称していた(七里「[[馬宮村|馬宮地区]]」馬宮「[[七里村|七里地区]]」など)が、旧大砂土村中央部にある「概ね[[見沼|見沼田んぼ]]を境に東西に分割され、西側(概ね旧土呂村大和田西本郷村堀崎・島今羽村)を'''大砂土地区'''と呼称し西側(見沼概ね旧大和田村土呂砂村西本郷堀崎村今羽に、大宮字植竹等を加えた地区島村)を'''大砂土地区'''と呼んで称してた。1950年代後半から町名地番整理や[[土地区画整理事業]]が進められ、行政地名は変遷した。
 
現在は[[さいたま市]]の一部となり、大砂土東地区は[[見沼]][[大和田町 (さいたま市)|北区]][[今羽町]]・[[東和田宮|砂町]]・[[堀崎土呂|土呂]]・[[土呂町]]・[[本郷町 (さいたま市)|西本郷]]・[[本郷町 (さいたま市)|本郷町]]の全域および[[東大宮植竹町]]、大砂土地区は[[北区盆栽町]]・[[見沼 (さいたま市北区)|見沼]]の各一部、[[大宮区]][[土呂寿能町]]・[[植竹堀の内町]]の各一部、[[今羽見沼区]][[大和田町 (さいたま市)|大和田町]]・本郷町及び[[見沼島町 (さいたま市北区)|見沼]]となって・[[島町 (さる。ちなみにたま市)|島町]]・[[東大宮|砂]]・町・[[堀崎町]]は政令指定都市に移行しの全域および[[東大宮]]・[[春岡 (さい際、ま市)|春岡]]の各丁目が'''北区'''に、二丁目が'''見沼区'''に分かれ部となっている。
 
== 脚注 ==