「夫婦別姓/log20210630」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (doi.org) (Botによる編集)
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (doi.org) (Botによる編集))
'''夫婦別姓'''(ふうふべっせい)、あるいは'''夫婦別氏'''(ふうふべっし・ふうふべつうじ)とは、[[夫婦]]が[[結婚]]後も改姓せずそれぞれの婚前の[[姓]]([[氏]]、[[名字]]、[[苗字]]){{refnest|group="注"|「姓」(せい)、「氏」(し、うじ)、「名字」(みょうじ)、「苗字」(みょうじ)は、歴史的には異なる意味を持つが、現代においては同義語として扱われている<ref name=MHI1999 />([[#変遷]]を参照)。日本法では「氏」(うじ)が用いられる<ref name="tokotani1988" />。}}を名乗る婚姻および家族形態あるいはそのような制度のことである<ref name="meikyo2010">明鏡国語辞典、第二版、大修館書店、2010年。</ref>{{refnest|group="注"|日本法では「姓」ではなく「氏」(うじ)が用いられているため、法的な議論では「'''夫婦別氏'''」(ふうふべつうじ)が使われることが多い<ref name="tokotani1988">床谷文雄、「[httphttps://doi.org/10.18878/00002058 夫婦別氏制と戸籍制度]」『女性学評論』1988年 2号 p.13-47, {{doi|10.18878/00002058}}, {{naid|110008792555}}, 神戸女学院大学</ref>。なお、このほか、現行制度の下での非法律婚([[事実婚]])のことを「夫婦別姓」と呼ぶことがある<ref>福島瑞穂ほか(著)『楽しくやろう夫婦別姓:これからの結婚必携』、1989年</ref><ref name="ninomiya1991">[[二宮周平]]『事実婚を考える―もう一つの選択』[[日本評論社]]、1991年</ref>が、本項目では混乱を避けるため、現行制度の下での非法律婚のことは「'''事実婚'''」と表記するものとする。}}。これに対し、[[結婚|婚姻]]時に両者の姓を統一する婚姻および家族形態、またはその制度のことを「'''夫婦同姓'''」(ふうふどうせい)あるいは「'''夫婦同氏'''」(ふうふどうし・ふうふどううじ)という。
 
夫婦別姓と夫婦同姓を選択できる制度を、「'''選択的夫婦別姓'''」(せんたくてきふうふべっせい)、あるいは「'''選択的夫婦別氏'''」(せんたくてきふうふべっし・せんたくてきふうふべつうじ)と呼ぶ<ref name="tokotani1988" /><ref name=takizawa2016 />{{refnest|group="注"|選択的夫婦別姓あるいは選択的夫婦別氏について、「夫婦別姓選択制」<ref>棚村政行、結婚の法律学、有斐閣、2000年。</ref>あるいは「夫婦別氏選択制」<ref>岸美雪、「夫婦別姓: 同氏強制論と別氏選択論」、国立国会図書館調査及び立法考査局、1992。</ref>と呼ぶ場合もある。また、夫婦同姓と夫婦別姓のどちらも選択できることから、「選択的夫婦同姓」<ref>わしズム、第4号、幻冬舎、2002、p.118。</ref>、「夫婦同姓別姓選択制」<ref>中村桃子、婚姻改姓・夫婦同姓のおとし穴、勁草書房、1992、p.197。</ref>と呼ぶべき、とする意見もある。いずれも同義である。法務省ホームページでは、「選択的夫婦別氏」(せんたくてきふうふべつうじ)と記載している<ref>[http://www.moj.go.jp/MINJI/minji36.html 選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)について]、法務省民事局。</ref>。}}。日本では現在、[[民法 (日本)|民法]][[b:民法第750条|750条]]により夫婦同氏と定められ、夫婦別氏は[[国際結婚]]の場合{{refnest|group="注"|'''[[国際結婚]]'''の場合、原則としては夫婦は別氏であるが、戸籍法上の届け出をすれば、戸籍上は配偶者と同氏とすることが可能である。ただし、その場合、戸籍法上は改氏され夫婦同姓となるが、民法上は改氏されないとみなされ、民法上は夫婦別氏の状態となっている。戸籍法上の届け出をしない場合は民法上も戸籍法上も夫婦別氏となる<ref name=torisawa201103 /><ref name=yoshida />。なお、戸籍法上と民法上の氏が異なる場合、民法上の氏は戸籍実務においての概念上のみに用いられ、日常生活上の法的な氏、すなわちいわゆる本名としては戸籍法上の氏が用いられる。}}を除き認められていないため、別氏のまま婚姻することを選択できる選択的夫婦別姓制度の導入の是非が議論されている。