「ピーター・ストラウス」の版間の差分

m
ユダヤ系<ref>{{cite news|url=http://articles.latimes.com/2001/may/29/local/me-3826|publisher=The New York Times|title=Jane Friedman Bride of A. D.; P. L. Strauss Weds Beverly B. Paulding Roscann Pate Bride Mrs. Pat Jacob Is Wed Richard A. Steinberg|date=|accessdate=2014-06-19}}</ref><ref>{{cite news|url=http://news.google.com/newspapers?id=14QgAAAAIBAJ&sjid=j9QEAAAAIBAJ&pg=3005,586612&dq=strauss-tackles-mountainous&hl=en|publisher=Los Angeles Times|title=The Life of a Cowboy Is Knowing the Ropes|date|May 29, 2001|accessdate=2014-06-19}}</ref>。父親はドイツからの移民でワインを扱う貿易商であった<ref>{{cite web|url=http://www.people.com/people/archive/article/0,,20066958,00.html|title=Rich Man, Poor Man Star, Unknown Actor Peter Strauss, Finds as Always That Rich Is Better|work=People|date=October 04, 1976|accessdate=2014-06-19}}</ref><ref>{{cite news|url=http://www.nytimes.com/2001/08/07/classified/paid-notice-deaths-strauss-warren-b.html|title=Paid Notice: Deaths STRAUSS, WARREN B.|publisher=The New York Times|date=August 7, 2001 |accessdate=2014-06-19}}</ref>。10代後半から俳優としてキャリアを積み、22歳で『マイケル・ダグラス/ヒーロー』で役を得た。本格的に活動するのは70年代以降で、なかでも1970年『ソルジャー・ブルー』、72年の『さらば外人部隊』が知られている。その後はTVドラマで広く知られ、1977年放送の『リッチマン・プアマン/青春の炎』を皮切りに代表作に恵まれる。
 
18801980年代以降は、映画、テレビ双方で活躍。渋味のある二枚目としてコミカル、シリアス両面を起用に演じ分ける演技派としてファンを増やし、日本では1983年のSFファンタジー『スペース・ハンター』で冷徹な勇者を演じた。テレビでは1985年の大河ドラマ的作品『ケインとアベル』で主演し、[[エミー賞]]を受賞した。
 
1990年代も映画、テレビと活躍の場を両方にもとめ、1999年の『ヴァージン・ブレイド』では、主人公[[ジャンヌ・ダルク]]と当初、衝突しながらも後に臣従し彼女を支えた精悍な武将役で登場し、健在ぶりを見せた。2000年代も多くの作品に出演している。