「江川太郎左衛門」の版間の差分

m
37代英敏を追加
m (<br>をはずしました)
m (37代英敏を追加)
上記の通り、江川家は[[平安時代]]以来明治維新にいたるまで、38代も続いた家であり、代々が太郎左衛門を名乗った。このうち、歴史上に名を残した人物を特に列挙する。
 
#[[江川英毅]](35代当主、農地の改良・商品作物の栽培など天領の増収に尽くす。文化人としてもを残す
#[[江川英竜]](36代当主、[[1801年|1801]]-[[1855年|1855]]。号は坦庵。英毅の子。'''一般には江川太郎左衛門といえば彼を指すことが多い。'''洋学の導入に貢献し、民政・海防の整備に実績を挙げる)
#[[江川英]](3837代当主、英竜の五男。[[岩倉使節団1839年|1839]]に随行、そ-[[1864年|1864]]。英竜まま留学長男後は地域教育に尽事業を継いで反射炉の完成、農兵隊の編成など行うが若して病死)
#[[江川英武]](38代当主、英竜の五男。[[明治維新]]のときの当主。[[廃藩置県]]後は県令となるが、まもなく[[岩倉使節団]]に随行、そのまま留学。その後は地域教育に尽くす)
#[[江川英文]](英武の子。[[東京大学]]教授で、法律学者。専門は国際私法。財団法人江川文庫を設立、江川家代々の資料を研究者に公開する)
 
{{aimai}}