「久慈次郎」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (dl.ndl.go.jp) (Botによる編集)
(→‎死後: > リンクの調整)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (dl.ndl.go.jp) (Botによる編集))
 
== 人物 ==
[[岩手県]][[盛岡市]]出身([[青森県]][[青森市]]生まれ)。[[岩手県立盛岡第一高等学校|盛岡中学]]を卒業後、[[早稲田大学]]に進学。身長5尺9寸(約179cm)の恵まれた体格<ref>[[飛田穂洲]] 『[httphttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1017549/207 早稲田大学野球部史]』 375頁</ref>と強肩の持ち主で、在学中からリーダーシップを発揮。また、野球部監督の[[飛田穂洲]]に心酔し、「一球入魂」を座右の銘としていた。大学卒業後は[[北海道]][[函館市]]の[[函館水電]]に入社、同社に勤めながら[[函館太洋倶楽部]](函館オーシャン)でプレーした。[[1927年]](昭和2年)には函館水電を退社し、クジ運動具店を開業。店主として10人近くの従業員を雇う[[実業家|企業家]]としても活躍。
 
[[1934年]](昭和9年)に[[日米野球|アメリカ選抜チームが来日するために結成された全日本チーム]]に招聘された久慈は、全日本のエースであった[[沢村栄治]]とバッテリーを組み、アメリカ選抜チームを苦戦させた。ちなみにアメリカチームを1失点に抑えた[[静岡草薙球場]]での一戦においてその1点となる[[ルー・ゲーリッグ]]の本塁打の球は、その試合で初めて沢村が久慈のサインに首を振ったものであったが、直後に久慈がマウンドに向かって沢村と相談しており、最終的にどちらの意図する投球であったかは現在になってもわかっていない。
== エピソード ==
* 少年時代は絵を好み、画家を目指していたこともあった。
* [[早稲田大学野球部|早大野球部]]時代に[[大隈重信]]との背比べに勝ち(久慈:5尺9寸、大隈:5尺8寸余)、大隈から「我輩より高いとはたのもしい」と賞賛された。<ref>[[飛田穂洲]] 『[httphttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1017549/207 早稲田大学野球部史]』 375頁</ref>
 
== 脚注 ==