「田中弥」の版間の差分

m
編集の要約なし
(カテゴリ追加)
m
 
{{基礎情報 軍人
'''田中 弥'''(たなか わたる、[[1900年]][[10月13日]] - [[1936年]][[10月18日]])は、[[日本]]の[[大日本帝国陸軍|陸軍]][[軍人]]。最終階級は陸軍[[大尉]]。
| 氏名 = 田中 弥
| 各国語表記 =
| 生年月日 = [[1900年]][[10月13日]]
| 没年月日 = {{死亡年月日と没年齢|1900|10|13|1936|10|18}}
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 渾名 =
| 生誕地 = {{JPN}}・[[東京府]]
| 死没地 = {{JPN}}・[[東京府]]
| 所属組織 = [[画像:War flag of the Imperial Japanese Army.svg|20px]] [[大日本帝国陸軍]]
| 軍歴 = 1921 - 1936
| 最終階級 = [[ファイル:帝國陸軍の階級―肩章―大尉.svg|40px]] [[歩兵大尉]]
| 除隊後 =
| 署名 =
| 墓所 =
}}
'''田中 弥'''(たなか わたる、[[1900年]](明治33年)[[10月13日]] - [[1936年]](昭和11年)[[10月18日]])は、[[日本]]の[[大日本帝国陸軍|陸軍]][[軍人]]。最終階級は陸軍[[大尉|歩兵大尉]]。
 
== 経歴 ==
[[東京都|東京府]]出身。陸軍大尉・田中小三郎の子として生まれる。[[長野県上田高等学校|上田中学]]、[[東京陸軍幼年学校|陸軍中央幼年学校予科]]、[[陸軍中央幼年学校]]を経て、[[1921年]]([[大正]]10年)7月、[[陸軍士官学校 (日本)|陸軍士官学校]](33期)全兵科437名中を首席卒業。同年10月、[[歩兵]][[少尉]]に任官し、[[歩兵第49連隊]]付となる。[[1928年]]([[昭和]]3年)12月、[[陸軍大学校]](40期)を卒業。[[1929年]](昭和4年)12月、[[参謀本部 (日本)|参謀本部]]付勤務となる。
 
[[1930年]](昭和5年)8月、大尉に昇進し、同年12月、参謀本部部員(ロシア班)となる。同班長の[[橋本欣五郎]]が結成した[[桜会]]のメンバーとなり、橋本の腹心の一人として、[[1931年]](昭和6年)の[[三月事件]]・[[十月事件]]の謀議に加わる。計画は事前に発覚するが、処分は重謹慎10日という軽微なものであった。[[1932年]](昭和7年)7月、[[ポーランド]]・[[ソビエト連邦|ソ連]]駐在となり、翌[[1933年]](昭和8年)4月、ソ連[[大使館]]付[[駐在武官]]補佐官に就任。[[1934年]](昭和9年)12月、陸軍大学教官となる。