「原顕三郎」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 経歴 ==
[[1887年]](明治20年)7月15日、[[東京]]で[[坪井航三]]海軍[[中将]]の三男として生まれる。兄に[[坪井九八郎]](貴族院男爵議員)がいる。後に父・坪井航三の兄で叔父の[[原俊則]](海軍少佐)の養子となる。[[1909年]](明治42年)11月、[[海軍兵学校 (日本)|海軍兵学校]]([[海軍兵学校卒業生一覧 (日本)#37期|37期]])を卒業し、[[1911年]](明治44年)2月に海軍[[少尉]]任官。[[海軍砲術学校]]普通科、[[海軍水雷学校]]普通科で学ぶ。
 
[[1920年]](大正9年)1月、呉[[海兵団]][[分隊]]長に就任。以後、「[[響 (初代神風型駆逐艦)|響]]」[[駆逐艦]]長、[[軍事参議官]][[副官]]([[東伏見宮依仁親王]][[海軍大将|大将]]付)、[[元帥 (日本)|元帥]]副官(依仁親王付)、軍事参議官副官([[山屋他人]]大将付)などを歴任。[[1922年]](大正11年)12月、海軍[[少佐]]に昇進。[[横須賀鎮守府]]付を経て、[[1923年]](大正12年)3月、「[[刈萱 (駆逐艦)|第18駆逐艦]]」(刈萱)[[艤装]]員長となる。以後、同艦長、「[[神風 (2代神風型駆逐艦)|第1号駆逐艦]]」(神風 [II])・「[[松風 (2代神風型駆逐艦)|第7号駆逐艦]]」(松風 [II])の各[[駆逐艦]]長を務めた。