「Cksum (UNIX)」の版間の差分

m
別に数式をTeXにする必要はない。というか,TeXを上手く表示できない・表示に適さない端末も存在する。
m (句読点を修正 ,=>、)
m (別に数式をTeXにする必要はない。というか,TeXを上手く表示できない・表示に適さない端末も存在する。)
 
{{小文字}}
'''{{en|cksum}}'''コマンドは[[Unix系オペレーティングシステム]]のコマンドでありファイルの[[巡回冗長検査]]を算出する。
cksumコマンドは[[Single UNIX Specification]] ({{en|IEEE Std 1003.1-2008}}) で定められている。
 
{{en|check sum}} ('''[[検査合計]]''')という英語に由来する名前ではあるが実際単純なチェックサムではなく巡回冗長検査を算出する。
 
== 使用法 ==
オプションは取らず{{efn|一部のシステムでは{{code|--help}}などプロジェクトの共通オプションを取りうる{{sfn|GNU}}。}}対象のファイル郡を第1引数に指定する{{sfn|OG}}{{rp|at=SYNOPSIS}}。
ファイルが指定されなければ[[標準出力]]を入力と見做す{{sfn|OG}}{{rp|at=OPERANDS}}。
{{sxhl|lang=console|code=
}}
 
出力は巡回冗長検査及び各ファイルの容量である{{sfn|OG}}{{rp|at=STDOUT}}。
巡回冗長検査には[[巡回冗長検査#主な標準CRC|幾つか変種]]がある]]、cksum,cksumコマンドは[[国際標準化機構]]及び[[国際電気標準会議]]が'''ISO/IEC 8802-3''':1996「情報技術――システム間の遠距離通信及び情報交換-局所及び都市圏ネットワーク-特定の要件-3部: 衝突検出 (CSMA/CD) アクセス手法を用いた媒体検知多重アクセス及び物理層の仕様」{{efn|2019年現在本規格は三度の改訂を経て'''ISO/IEC 8802-3''':2017「情報技術-システム間の遠距離通信及び情報交換-局所及び都市圏ネットワーク-特定の要件-3部: イーサネット標準」となっている<ref>{{cite web
|title=ISO - ISO/IEC/IEEE 8802-3:2017
|publisher=[[国際標準化機構]]
|url=https://www.iso.org/standard/72048.html|accessdate=2019-09-04
}}</ref>が、cksum,cksum側の仕様書では「情報技術――システム間の遠距離通信及び情報交換-局所及び都市圏ネットワーク-特定の要件-3部: 衝突検出 (CSMA/CD) アクセス手法用い優先し媒体検知多重アクセス及び物理層の仕様」}}で定めるCRC誤り検出に用いられる[[多項式]]に基づいている{{sfn|OG}}{{rp|at=DESCRIPTION}}。
多項式は以下の通り:
: <{{math>|G({{mvar|x}}) {{=}} {{mvar|x^}}{{sup|32}} + {{mvar|x^}}{{sup|26}} + {{mvar|x^}}{{sup|23}} + {{mvar|x^}}{{sup|22}} + {{mvar|x^}}{{sup|16}} + {{mvar|x^}}{{sup|12}} + {{mvar|x^}}{{sup|11}} + {{mvar|x^}}{{sup|10}} + {{mvar|x^}}{{sup|8}} + {{mvar|x^}}{{sup|7}} + {{mvar|x^}}{{sup|5}} + {{mvar|x^}}{{sup|4}} + {{mvar|x^}}{{sup|2}} + {{mvar|x}} + 1</math>}}
 
== 実装例 ==