「弥生人」の版間の差分

WP:SYNに抵触する記述があるため修正を要する。なお、イネを渡来系が持って来たのか在来系が自ら持って行ったのかは確定できない
m
(WP:SYNに抵触する記述があるため修正を要する。なお、イネを渡来系が持って来たのか在来系が自ら持って行ったのかは確定できない)
[[File:Yayoi people Restoration model.jpg|200px|right|thumb|弥生人 国立科学博物館展示]]
'''弥生人'''(やよいじん、Yayoi people)[[弥生時代]]に[[日本列島]]に居住した人々。大きく、弥生時代に[[中国大陸]]や[[朝鮮半島]]等から[[日本列島]]に渡来してきた「大陸系弥生人」、[[縄文人]]が直接新文化を受け入れた結果誕生した「縄文系弥生人」、および両者の混血である「混血系弥生人」とに分けられる。
 
==概要==
縄文人骨の顔立ちや体形は一定しており、あまり大きな時期差や地域差は認められないが、広義の弥生人骨は割合と多様であり、地域差や時期差が大きい。縄文人そのもののような弥生人や縄文人に似た弥生人(縄文系弥生人)、大陸側(中国吉林省近く)にいた人々と身体的特徴が似ている弥生人(渡来系弥生人)、縄文系と渡来系が混合したような弥生人(混血系弥生人)、{{要検証範囲|[[古墳時代]]の墳墓から抜け出てきたような弥生人(新弥生人)、さらに南九州には[[琉球]]諸島の[[沖縄貝塚文化|貝塚人]]に似た弥生人(南九州弥生人)がいた|date=2020年7月}}<ref>[[片山一道]]『骨が語る日本人の歴史』</ref>。
 
近年の[[ミトコンドリアDNAハプログループ]]や[[Y染色体ハプログループ]]の研究によって、[[日本人]]と[[中国人]]・[[韓国人朝鮮民族|朝鮮人]]とのY染色体には違いがみられ、弥生時代開始以降に断続的に渡来人がやって来たものの、先住の縄文人とは完全に対立していたわけではなく、融和、混血していったものと考えられる<ref>溝口優司(国立科学博物館人類研究部長)『日本人の成り立ちについての3つの仮説(P173)』</ref>。また[[日本列島]]には[[縄文時代]]以前から各方面から様々な人たちが日本へ流入し、弥生人も複数の系統が存在していたと推定される。
 
国立遺伝学研究所集団遺伝研究室の斎藤成也教授等によると、縄文系弥生人や渡来系弥生人の混血は古墳時代から始まり、その後に現代日本人が誕生した。現代日本人には14パーセントから20パーセントほどしか縄文人の血が入っていないという推定値が出ている。
一般には、弥生人は朝鮮半島、山東半島から水稲栽培を日本にもたらした集団と考えられてきた。[[崎谷満]]によれば、日本に水稲栽培をもたらしたのは[[ハプログループO-M176 (Y染色体)|Y染色体ハプログループO1b2]]に属す集団である。O1b2系統は、[[オーストロアジア語族]]の民族に高頻度にみられるO1b1系統の姉妹系統であり、[[満州]]や朝鮮半島などの東アジア北東部に多く分布する。崎谷は[[ハプログループO-M268 (Y染色体)|O1b系統]](O1b1/O1b2)はかつては[[長江文明]]の担い手であったが、長江文明の衰退に伴い、O1b1および一部のO1b2は南下し[[百越]]と呼ばれ、残りのO1b2は西方及び北方へと渡り、[[山東省]]、朝鮮半島、日本列島へ渡ったとしている<ref name=崎谷>崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)</ref>。しかしながら、長江流域や江南地方などの華南地域においてはO1b2系統はほとんど分布が確認されないため、弥生人の祖先が長江文明の担い手であったという説を疑問視する見方や、上記の説より遥か早期に北上したという見方もある。
[[File:Migration map of Y-DNA haplogroups in East Asia.png|thumb|250px|right|弥生人に連なる東アジアのY染色体ハプログループと民族移動]]
[[土井ヶ浜遺跡]]の弥生人が[[北部モンゴロイド]]の特徴を持つことや、日本人にみられる[[ミトコンドリアDNAハプログループ]]や[[日本人バイカル湖畔起源説|Gm遺伝子]]が北方型であることなどから、弥生人の起源地を[[沿海州]]南部(ロシア)に求める見方もある。{{独自研究範囲|[[岡正雄]]の日本人起源説の「父系的、「ハラ」氏族的、畑作=狩猟民文化(北東アジア・ツングース方面)」<ref>異人その他 日本民族=文化の源流と日本国家の形成 言叢社 1979</ref><ref>『異人その他 他十二篇 岡正雄論文集』岩波文庫、1994年</ref>、[[鳥居龍蔵]]説の「固有日本人(朝鮮半島を経由して、あるいは沿海州から来た北方系民族)」<ref>『鳥居龍蔵全集』第1巻、朝日新聞社、1975年</ref>がこれに対応すると思われる。|date=2020年7月}}東アジア北東部にはハプログループO1b2が比較的高頻度に確認され、弥生時代に広くみられる[[刻目突帯文土器]]と似たタイプの土器が[[沿海州]]南西部の[[シニ・ガイ文化]]にもみられること<ref>{{cite web|url=http://21coe.kokugakuin.ac.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=66|title=ロシア極東新石器時代研究の新展開|author=福田正宏|publisher=|date=2003-05-17|accessdate=2018-06-21}}</ref>{{出典無効|title=当該リンク先に弥生文化との関連の記述はない。独自研究の「特定の観点を推進するような、発表済みの情報の合成」に抵触|date=2020年7月}}から、近年ではこちらの説を推す声も多くなっている{{誰2|date=2020年7月}}
 
また、日本人の約20%に見られる[[ハプログループO-M122 (Y染色体)|O2系統]]も弥生人に含まれていたと想定されるが、O1b2とO2はルーツが異なると思われ、その渡来時期、ルートなどの詳細はまだまだ不明な点も多い。O2はその後の[[ヤマト王権]]の成立に前後する[[渡来人]]によるものだとする見方<ref name=崎谷/>も強い。
*[[新石器時代]]
*[[黄禍論]]
*[[イネ]]
*[[イネ]] - 渡来系である弥生人が持ってきた。
{{日本の民族}}
{{DEFAULTSORT:やよいしん}}