「木屋町通」の版間の差分

京都市内の南北の通りテンプレート導入・osmbox追加・出典追加
(→‎外部リンク: リンクを修正。)
(京都市内の南北の通りテンプレート導入・osmbox追加・出典追加)
[[ファイル:大村益次郎2919.JPG|thumb|200px|木屋町通・大村益次郎遭難の碑]]
[[ファイル:佐久間象山2923.JPG|thumb|200px|木屋町通・佐久間象山遭難の碑]]
{{Osm box|r|11334115}}
'''木屋町通'''、'''木屋町通り'''(きやまちどおり)は、[[京都市]]の南北の[[京都市内の通り|通り]]の一つである<ref name="jisen_木屋町">[[#外部リンク|''木屋町'']]、[[デジタル大辞泉]]、[[コトバンク]]、2012年9月13日閲覧。</ref><ref name="yahooDC_木屋町">{{Cite web|author=[[織田武雄]]|url=https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E5%B1%8B%E7%94%BA-1523915#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29|title=木屋町 とは|publisher=[[日本大百科全書]](ニッポニカ)([[コトバンク]])|accessdate=2019-05-26}}</ref>。北は[[二条通]]から南は[[七条通]]まで、全長約2.8キロメートルの道路である<ref name="jisen_木屋町" />。[[先斗町]]の西にあり、[[高瀬川 (京都府)|高瀬川]]の東側に沿って[[中京区]]・[[下京区]]を貫通する<ref name="jisen_木屋町" />。
{{Osm box|r|11334116|西木屋町通}}
'''木屋町通'''、'''木屋町通り'''(きやまちどおり)は、[[京都市]]の南北の[[京都市内の通り|通り]]の一つである<ref name="bwojikoji_11">ビジュアル・ワイド京都の大路小路 11頁</ref><ref name="jisen_木屋町">[[#外部リンク|''木屋町'']]、[[デジタル大辞泉]]、[[コトバンク]]、2012年9月13日閲覧。</ref><ref name="yahooDC_木屋町">{{Cite web|author=[[織田武雄]]|url=https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E5%B1%8B%E7%94%BA-1523915#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29|title=木屋町 とは|publisher=[[日本大百科全書]](ニッポニカ)([[コトバンク]])|accessdate=2019-05-26}}</ref>。北は[[二条通]]から南は[[七条通]]まで<ref name="bwojikoji_11"/>、全長約2.8キロメートル<ref name="bwojikoji_10">ビジュアル・ワイド京都の大路小路 10頁</ref>の道路である<ref name="jisen_木屋町" />。[[先斗町]]の西にあり<ref name="bwojikoji_12">ビジュアル・ワイド京都の大路小路 12頁</ref>、[[高瀬川 (京都府)|高瀬川]]の東側に沿って<ref name="bwojikoji_11"/>[[中京区]]・[[下京区]]を貫通する<ref name="jisen_木屋町" />。
 
略称'''木屋町'''(きやまち)は、東西の通り名と合わせて頻用され、また通り沿い・高瀬川沿いの[[二条通|二条]]・[[五条通|五条]]間の地域を「木屋町」と通称する<ref name="yahooDC_木屋町" />。
 
== 略歴 ==
[[慶長|慶長年間]](1596年 - 1615年)の[[角倉了以]]の高瀬川開削に伴って、1611年(慶長16年)に二条樵木町(現在の中京区上樵木町付近)を起点に開通した。開通当時のこの通りは、「'''樵木町通'''<ref>{{Cite web | url = http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=3000034 | title = 木屋町通 | work = 京都観光Navi | publisher = [[京都市|京都市産業観光局観光MICE推進室]] | date = | accessdate = 2015-04-14 }}</ref>」と呼ばれていた<ref name="bwojikoji_10"/>
 
[[江戸時代#江戸時代初期・前期|江戸時代初期]](17世紀)、[[大坂]](現在の[[大阪府]][[大阪市]])や伏見(現在の京都市[[伏見区]])から[[薪|薪炭]]・[[木材]]が[[高瀬舟]]に積まれて集まり、[[材木問屋]]・[[材木商]]が倉庫や店舗を立ち並べるようになったため、「木屋町」と呼ばれた<ref name="yahooDC_木屋町" />。木屋町周辺には材木町、紙屋町、鍋屋町、米屋町などの地名が残っている。1762年([[宝暦]]12年)に刊行された『[[京町鑑]]』には、「木屋町」を「北二条通より南五条迄」と定義し記載している。
[[江戸時代#江戸時代中期|江戸時代中期]](18世紀)には、この通りを往来する旅人や商人を目当てに、料理屋や旅籠、酒屋などが店を構えるようになり、酒楼娯楽の場へと姿を変えた。[[幕末]](19世紀)には勤皇志士が密会に利用したため、[[坂本龍馬]]や[[木戸孝允|桂小五郎]]らの潜居跡や事跡の碑が繁華街のあちこちに立っており、[[大村益次郎]]や[[本間精一郎]]、[[佐久間象山]]などが殉難している。
 
[[1895年]]([[明治]]28年)には、二条 - 五条間に[[京都電気鉄道]](のちに買収され[[京都市電]][[京都市電木屋町線|木屋町線]])の[[路面電車]]が開通した<ref>京都市電慕情 12頁</ref>。[[1920年代]]([[大正]]末年 - [[昭和]]初年)に[[河原町通]]が拡幅されたことにより、市電のルートは[[京都市電河原町線|河原町線]]に移った<ref>京都市電慕情 42頁</ref>
 
== 現状 ==
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|author = [[森谷尅久]]|year = 2003|title = ビジュアル・ワイド 京都の大路小路|publisher = 小学館|isbn = 9784096815618}}
* {{Cite book|和書|author = [[高松吉太郎]]|year = 1978|title = 京都市電慕情|publisher = プレス・アイゼンバーン}}
 
== 関連項目 ==
* [[高瀬川 (京都府)]]
* [http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/kyoto_data/nishikiya/nishikiya_file.htm 西木屋町通]
* [http://kiyamachi-bartender.com/ 木屋町バーテンダーズ]
 
{{京都市内の南北の通り|
北=[[二条通]]|
南=[[七条通]]|
西=[[河原町通]]・[[土手町通]]|
東=[[先斗町|先斗町通]]・[[三ノ宮町通]]<br />[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]]を渡って[[川端通]]|
}}
 
{{Road-stub}}
205

回編集