「棚橋弘至」の版間の差分

m
SANADAへのリンクに修正 using AWB
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (SANADAへのリンクに修正 using AWB)
5月21日、後楽園ホールでの試合後にBCに襲撃されてしまい左肩を負傷。検査の結果、左肩剥離骨折、二頭筋断裂と診断され欠場を余儀なくされる。
 
7月18日、G1の舞台で復帰を果たすも、精彩を欠き予選落ちに終わる。その後はG1開幕戦で敗北を喫した[[ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン]]の[[真田聖也|SANADA]]と抗争を繰り広げ、11月5日、[[パワーストラグル (プロレス興行)#2016年|POWER STRUGGLE]]にて、SANADAと対戦。ハイフライフローでピンフォール勝ちを収めて抗争に終止符を打ち、同興行のメインイベント終了後、内藤の保持するIWGPIC王座に挑戦を表明した。
 
==== 2017年 ====
1月4日、[[レッスルキングダム (プロレス興行)#WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム|レッスルキングダム11]]にて、[[内藤哲也]]の保持する[[IWGPインターコンチネンタル王座]]に挑戦。デスティーノでピンフォール負けを喫し王座奪取に至らなかった。<ref>{{cite web|url= http://www.njpw.co.jp/card_result/62213|title=WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム 1/4(水) 第9試合 IWGPインターコンチネンタル選手権試合|work=新日本プロレス公式サイト|accessdate=2017-09-11}}</ref>
 
1月5日、東京・後楽園ホールで行われた「NEW YEAR DASH!!」にて[[田口隆祐]]、[[中西学]]とのタッグで[[ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン]](LIJ)の[[BUSHI]]、[[EVIL]]、[[真田聖也|SANADA]]組が持つ[[NEVER無差別級6人タッグ王座]]に挑戦し勝利。第10代王者に戴冠<ref>{{cite web|url= http://www.njpw.co.jp/card_result/79285|title=NEW YEAR DASH !! 1/5(木) 第7試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合|work=新日本プロレス公式サイト|accessdate=2017-09-11}}</ref>。これを機に、田口を"監督"としたユニット「[[タグチジャパン]]」を結成し、活動を開始する。
 
2月11日、大阪・大阪府立体育会館で行われた「[[ザ・ニュー・ビギニング (プロレス興行)#THE NEW BEGINNING in OSAKA (2017年)|THE NEW BEGINNING]] in OSAKA」にて、LIJ([[BUSHI]]、[[EVIL]]、[[真田聖也|SANADA]])組に敗れ、[[NEVER無差別級6人タッグ王座]]陥落。<ref>{{cite web|url= http://www.njpw.co.jp/card_result/79853|title=THE NEW BEGINNING in OSAKA 2017 2/11(土) 第5試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合|work=新日本プロレス公式サイト|accessdate=2017-09-11}}</ref>
 
3月11日、愛知・愛知県体育館で開幕した「[[ニュージャパン・カップ|NEW JAPAN CUP]] 2017」ではEVILに敗戦し、1回戦敗退となる。<ref>{{cite web|url= http://www.njpw.co.jp/card_result/85859|title=NEW JAPAN CUP 2017 2017 3/11(土) 第9試合 「NEW JAPAN CUP 2017」1回戦|work=新日本プロレス公式サイト|accessdate=2017-09-11}}</ref>
 
4月4日、東京・後楽園ホールで行われた「Road to [[サクラ・ジェネシス#2017年|SAKURA GENESIS]] 2017」にて、[[田口隆祐]]、[[リコシェ]]とのタッグで、[[NEVER無差別級6人タッグ王座]]を懸けてLIJ([[BUSHI]]、[[EVIL]]、[[真田聖也|SANADA]])組とリマッチ、勝利し第12代王者となる。<ref>{{cite web|url=http://www.njpw.co.jp/card_result/89258|title= Road to SAKURA GENESIS 2017 4/4(月) 第8試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合|work=新日本プロレス公式サイト|accessdate=2017-09-11}}</ref>
 
6月11日、大阪城ホールで行われた「[[ドミニオン (プロレス興行)#2017年|DOMINION]] 6.11 in OSAKA-JO HALL」で[[IWGPインターコンチネンタル王座]]の[[内藤哲也]]に挑戦、テキサスクローバーホールドで内藤からギブアップ勝ちを収め、第16代王者となった。ICのベルトを投げたり踏んだりという暴挙を行う内藤を批判し、「このベルトは僕が救います」と宣言した通りの結果となった。<ref>{{cite web|url= http://www.njpw.co.jp/card_result/95533|title=DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL 6/11(日) 第8試合 IWGPインターコンチネンタル選手権試合|work=新日本プロレス公式サイト|accessdate=2017-09-11}}</ref>
: 相手の背後から繰り出す「リバース式(最終的に[[ヘッドロック#ブルドッギング・ヘッドロック|ブルドッギング・ヘッドロック]]の形になる)」など様々な派生技が存在する。
; [[レインメーカー (プロレス技)#レインメーカー式スリングブレイド|レインメーカー式スリングブレイド]]
: [[棚橋弘至]]がオカダ戦で披露した技。
: [[ジャーマンスープレックス]]の体勢で相手の腕を引いて、自身の得意技[[ネックブリーカー・ドロップ|スリングブレイド]]を決める技。
; 変形スリング・ブレイド