「馮該」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[386年]]10月、苻丕は数千騎を率いて洛陽侵攻を目論んでいた。[[荊州]]刺史[[桓石民]]は馮該に迎撃を命じた。馮該は前秦軍を破り、苻丕を討ち取り、皇太子苻寧・長楽王苻寿・左僕射王孚・吏部尚書苟操を捕らえた<ref>『晋書』巻74 桓石民では、王孚・苟操らは討ち取られたと記されている。</ref>。苻丕の首級と苻寧らを[[建康 (都城)|建康]]へ送った。
 
[[399年]]12月、[[広州 (広東省)|広州]]刺史[[殷仲堪]]・雍州刺史楊佺期が反乱を起こし、[[江州 (江西省)|江州]]刺史[[桓玄]]と戦った。桓玄に属していた馮該は、[[襄陽郡 (中国)|襄陽]]に逃走中の楊佺期とその兄の楊広を捕らえて殺害、首級を建康に送った。殷仲堪は楊佺期の死を聞き、数百の将兵とともに長安へ向かい、冠軍城に至った。馮該はこれを追って捕らえると、柞溪で殷仲堪に自殺を迫った。殷仲堪は自殺、殷道護を殺害した。
 
[[401年]]12月、桓振・皇甫敷とともに湓口の守りに就いた。