「別所重宗」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[元亀]]元年([[1570年]])、甥(長兄・[[別所安治]]の子)の[[別所長治]]が家督を継ぐと次兄・[[別所吉親|吉親]]と共に、その補佐役となった。
 
[[永禄]]11年([[1568年]])、[[織田信長]]に擁されて上洛した[[足利義昭]]の下へ別所一門を率いて馳せ参じるなど、信長との協調路線を採っていた頃の別所氏では、その外交を担当していた。しかしその間、信長と[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]を快く思っていなかった吉親とは折り合いが悪かった。そして別所氏総領の長治が信長に反逆すると([[三木合戦]])すると、これに反対して自ら浪人となった。
 
天正13年([[1585年]])、秀吉によって[[但馬]]八木城1万5千石を与えられ。その後は秀吉の家臣として[[九州平定]]や[[小田原征伐]]に従軍した。のち[[堺市|堺]]に隠居したという伝わる
 
[[福島正則]]の姉を娶り、その[[福島正之|正之]]は正則の養嗣子(後に廃嫡)となっている。
 
次子[[別所宗治|宗治]](主水)は旗本として[[徳川氏]]に仕え、[[大坂の陣]]の[[天王寺・岡山の戦い]]で討ち死にしている。跡を[[別所信治|信治]]が継いだ。
 
== 関連作品 ==
匿名利用者