「ヘイロタイ」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
 
ヘイロタイは家族を持つことは許された国有奴隷である<ref>{{Cite book|和書|author=クセノポン|year=1998|title=ギリシア史1|publisher=京都大学学術出版会|pages=21p}}</ref>。代々奴隷身分を引き継ぎ土地に縛られ農業に従事し、主人であるスパルタ人に収穫物の一部を貢納した。
 
51万人(市民とその家族)のスパルタ人に対し、約1020万人のヘイロタイが存在したため、数で劣るスパルタ人は常にヘイロタイによる反乱に神経をとがらせた。現に征服されたメッセニア人は[[アリストメネス]]という優れた指導者の下に[[紀元前7世紀]]([[第二次メッセニア戦争]])に、さらに[[紀元前5世紀]]([[第三次メッセニア戦争]])にスパルタを襲った地震に乗じて大規模な反乱を起こし、スパルタ人の肝を冷やしめた。その結果、スパルタは市民皆兵の[[軍国主義]]政策を採用し強力な軍隊を保持したのである。[[紀元前479年]]のプラタイアイへの出兵に際しては、スパルタ人1人に対してヘイロタイ7名が従卒ないし輜重兵として参加した。ヘイロタイは危険な分遣作戦に好んで使われ、ほとんどの者が躊躇なく見捨てられたという。
 
スパルタ人はヘイロタイに対する不満分子の定期的な摘発([[紀元前397年]]のキナドンの謀反など)、また、軍事教練の一環として若年スパルタ人によるクリュプテイア([[:w:Crypteia|Krypteia]])と称するヘイロタイに対する[[テロリズム|テロ]]行為を奨励して恐怖支配を徹底した。またヘイロタイに対する殺戮を正当化するため、毎年就任する[[エフォロイ]](監督官と訳される定員5人の行政長官)がヘイロタイに対して宣戦を布告した。[[ペロポネソス戦争]]の重大な時期であった[[紀元前424年]]には、スパルタ人はヘイロタイに対し、敵に対して武勲を立てた者は奴隷から解放すると通達した。そこで、もっとも有能で自由を熱望していると思われた約2000名のヘイロタイが選別された。これらの人々は、表向き奴隷から解放した後、すべて消されたのである。
2

回編集