「塩析」の版間の差分

m
(118.17.77.229 (会話) による ID:75221239 の版を取り消し雑草取り)
タグ: 取り消し
タンパク質分子中には[[疎水性]][[アミノ酸]]と[[親水性]]アミノ酸がある。水溶液中では疎水性アミノ酸は通常、親水性アミノ酸によって保護された疎水域を作り、周囲を取り囲む水分子との相互作用([[溶媒和]]と[[水素結合]])によって折り畳まれる。タンパク質の表面が十分に親水性ならばそのタンパク質は水に溶解する。
 
塩濃度を大きくしたとき水分子のいくつかは塩のイオンによって引きつけられ、タンパク質の帯電した部分との相互作用に割かれる水分子の量が減少する。この結果、[[タンパク質-タンパク質相互作用]][[溶媒効果#溶解度に対する影響|溶媒-溶質相互作用]]より強くなり、タンパク質分子は疎水性の相互作用によって[[凝結]]する。
 
=== 応用 ===