「高師重」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
| 時代 = [[鎌倉時代]]~[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]
| 生誕 = 不明
| 死没 = [[建武]]3年/[[延元]]元年[[旧暦6月]]([[1336年]][[7月]])
| 改名 =
| 別名 =
| 氏族 = [[高氏]]
| 父母 = 父:[[高師氏]]
| 兄弟 = [[高師行|師行]]、[[高師春|師春]]、[[高師信|師信]]、[[大多和定義|定義]]、[[高惟義|惟義]]、稲荷女房
| 妻 =
| 子 = [[高師直|師直]]、[[高師泰|師泰]]、[[高重茂|重茂]]
}}
'''高 師重'''(こう の もろしげ)は、[[鎌倉時代]]末期から[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]にかけての[[武将]]。[[足利氏]]の家臣。[[高師直]]の父
 
== 生涯 ==
父の後を継いで[[足利貞氏]]・[[足利尊氏|尊氏]]に仕える。
父は[[足利家時]]が[[自害]]した際の置文を預かった高師氏。
 
[[正安]]3年([[1301年]])12月には師重が[[執事]]として活動していたが、[[徳治]]3年([[1308年]])には兄弟の[[高師行|師行]]が執事として活動していて、[[元応]]2年([[1320年]])には再び師重が執事として活動していて、その後は[[長幸康]]と継母観阿・子息[[長師連|師連]]の相論に対し裁許を下すなど、足利家の[[側近]]として活躍していた。
[[足利貞氏]]・[[足利尊氏|尊氏]]に仕える。[[建武]]3年/[[延元]]元年([[1336年]])6月、[[摂津]][[湊川]]で[[楠木正成]]らを破って入洛した後、[[比叡山]]に籠った[[後醍醐天皇]]方を攻撃し西[[坂本 (大津市)|坂本]]側の[[総大将]]となったが、討死したとされる。
 
[[康永]]2年/[[興国]]4年([[1343年]])に没したとするものもある。
[[元弘]]3年([[1333年]])までには子の師直に[[惣領]]の地位を譲っているが、これが原因で師直らと、[[高氏]]の嫡流の座を彼らに奪われた(一説によると、師秋の父師行は師重の兄)甥の[[高師秋]]との間で確執が生まれ、師秋は[[観応の擾乱]]で師直に与せず、[[足利直義|直義]]側についたともいわれる。
 
[[足利貞氏]]・[[足利尊氏|尊氏]]に仕える。[[建武]]3年/[[延元]]元年([[1336年]])6月、[[摂津]][[湊川]]で[[楠木正成]]らを破って入洛した後、[[比叡山]]に籠った[[後醍醐天皇]]方を攻撃し西[[坂本 (大津市)|坂本]]側の[[総大将]]となったが、討死したとされる。
[[康永]]2年/[[興国]]4年([[1343年]])5月14日に没したとするものもある。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
{{デフォルトソート:こう の もろし}}
[[Category:鎌倉時代の人物]]
[[Category:南北朝時代の武将]]
[[Category:高氏|もろし]]
[[Category:南北朝時代に戦死した人物]]
[[Category:1336年没]]
252

回編集