「大高重成」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
'''大高 重成'''(おおたか しげなり、生年不詳 - [[貞治]]元年/[[正平 (日本)|正平]]17年([[1362年]]))は、[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の武将。[[高氏]]の一族である[[小高重長]]の子だが、父を[[南頼基]]とする説もある。[[高師氏]]の甥で、[[高師直]]の父の従兄弟。通称次郎、法名は法智あるいは禅勇。官途は伊予守。[[臨済宗]]の高僧[[夢窓疎石]]と[[室町幕府]]草創期の実質的指導者[[足利直義]]の対話を記録した『[[夢中問答集]]』を出版。武威に優れ、『[[太平記]]』では五尺六寸の大太刀を振るって奮戦する姿が描かれている。
 
== 生涯 ==
252

回編集