「春日虎綱」の版間の差分

(名称をわかりやすくしました)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 生涯 ==
=== 出生から香坂氏継承 ===
『[[甲陽軍鑑]]』に拠れば、大永7年([[1527年]])、[[甲斐国]][[八代郡 (甲斐国)|八代郡]]石和郷([[山梨県]][[笛吹市]][[石和町]])の[[百姓]][[春日大隅]]の子として生まれる。[[天文 (元号)|天文]]11年([[1542年]])に父大隅が死去した後、姉夫婦との遺産を巡る裁判で敗訴して身寄りが無くなるが、信玄の奥近習として召抱えられたという。
 
はじめは[[使番]]として働き、{{要出典範囲|天文21年([[1552年]])には100騎持を預る[[足軽大将]]となり、春日弾正忠を名乗ったという|title=永禄2年までは弾正左衛門尉としていたのと矛盾しますので、出典をお願いします|date=2016年11月}}。なお、この間の『天文15年(1546年)推定武田晴信[[誓詞]]([[東京大学史料編纂所]]所蔵文書)』は、虎綱を指すとされる「春日源助」宛で晴信と虎綱の[[衆道]]関係を示す文書とされていたが、近年は宛名の「春日」姓が後筆である可能性が指摘されている<ref>鴨川(2004)</ref>。